DSC06193-Edit

【↓ダイジェスト動画はこちら↓】
 (読了後再生推奨/画質は720/60p、1080/60pがオススメです)


 
 ロードバイクのライドで主に語られるのは「距離」と「獲得標高」。200km走ったぞ! 今日のライドは獲得標高3,000mUP!、などなど。ただ、これらはあくまでどのくらい走るのか、走ったのかという数字であり、楽しいかどうかという指標ではありません。……まあ、力の限り走り続けて肉体をいじめ抜く事が楽しいというガチな方もいると思いますが、そういう人はこのブログを読んでいないでしょう。

 要するに、単に数字を積み上げても趣味のロードバイクにおけるライドの満足度UPには不十分という事。そこで重要になるのが、絶景や走りやすい道などを考慮したルート作成、おもしろカッコいい写真が撮れるスポット、グルメを組み合わせたお腹の満足度UPといった“あわせ技作戦”。楽しく走るために、気の合うロード仲間を探すというのも趣味を充実させるための“あわせ技”と言えるかもしれません。

DSC06115-Edit

 今回のライドは“3つのあわせ技”を使います。1つは“グルメ”、もう1つは“木崎湖”、最後の1つは“水中メガネ”です。


 木崎湖と言えば、このブログではお馴染みのスポット。長野の奥にある、それはそれは美しい湖であり、AACRの通過地点であり、某アニメの巡礼聖地でもあります。木崎湖に対する私の病的な想い入れは過去にさんざん書き尽くしてきたので割愛。要するに“木崎湖に行ける事そのものが喜び”であり、ロードバイクとからめやすい“あわせ技”の1つなのです。


 東京から木崎湖の行き方は、大きく分けて2つあります。1つは、今までAACRなどで採用してきた、新宿駅からスーパーあずさで輪行し、松本駅へ。そこから北上して木崎湖を目指すというコース。トランポで高速道路を使った場合も、だいたいこれと同じ軌跡を描きます。

名称未設定 1

 しかし、もう1つの行き方があります。前述のコースを“南ルート”とするなら“北ルート”、東京駅から新幹線で群馬方向へかっ飛ばし、長野駅へワープ。そこから西へと進んで木崎湖を目指すというもの。ちなみに私がいつか、死ぬまでに挑戦しようと決めている“東京から自走で木崎湖”も、これに近いルートだったりします。


 “長野駅まで輪行で木崎湖”に挑戦したのは昨年の夏休み。木崎湖に行くには絶好の季節です。同行者は、木崎湖と聞いただけで遠い目をするタイプのゆっけさん、ぼんさん。特殊な聖地巡礼趣味を理解してくれる少数精鋭ローディーチームです。

DSC05709

 早朝、最寄り駅から電車に揺られて東京駅へ。そこから新幹線に乗り込みます。今まで輪行は数え切れないほどしてきましたが、新幹線は初めて。今回の旅は、“新幹線輪行がどのようなものなのか”をテストする意味も兼ねています。

 乗り込む前に駅弁を物色。我がソウルフード「牛肉どまん中」はまだ入荷していなかったので、2番目に好きな「穴子弁当」をチョイス。今回の広島産「とろ~り 煮あなご」弁当は、柔らかい穴子とご飯の食感がマッチした至高の一品。見かけたら買ってみてください。

DSC05719

DSC05722

DSC05727

 それはさておき新幹線輪行ですが、結論を先に言うと超極楽快適です。実は私、新宿から松本へ向かう「スーパーあずさ」という車両が苦手。あの電車は内部のスペースが狭くて自転車が邪魔になる事が多いのと、スピードが遅い事、振り子式(車体傾斜式車両)で揺れ方が独特なので、駅弁などを食べていると気持ち悪くなる事がたまーにあったり。今回は「スーパーあずさを使わずに木崎湖に輪行してみよう」という趣旨でもあるわけです。

 比較して新幹線は“サスガ”の一言。中は広くて自転車が起きやすく、シートも豪華でラグジュアリー感満載。スピードも異次元で、「さぁ穴子弁当食べよう♪」とかモグモグやっているうちに長野駅です。所要時間はなんと2時間を切る1時間30分、40分程度。家から東京駅への時間をプラスしても2時間ちょっとで行けてしまう計算になります。

DSC05714

DSC05718

 変な話、家から飯能駅や、奥多摩で遊ぼうと武蔵五日市駅に向かうのと所要時間的に大きな違いがありません。お金は確かにかかりますが、“近場の山への輪行電車賃を何回か我慢して、その代わりに長野へバビュンと新幹線ワープして山を楽しむ”なんて輪行スタイルは大いにアリだと実感した次第。このスタイルはまさにHAOさんの真似ですが、自分で体験してみると「なるほど確かに合理的」と頷いてしまうところが悔しいです。

e3e05b84もう長野ついたぞおいwww



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_400x400はええwww



-5xqteuT超快適。まじでこれ今後は頻繁にやろうよ



DSC05729

DSC05734


DSC05735

 などと言いながら、長野駅でチャッチャと組み立て。駅前のコンビニでドリンクを買い、雑談しながら何回かクランクを回していたら……

DSC05744

DSC05748

 ちょwwwwwwwwwww

 長野のビル群持続度短すぎるw そしていきなりハイパー山奥ww

DSC05758

 いやぁ東京駅から2時間ちょいでこの景色。もはや反則技に近いです新幹線。これは頻繁にやりたくなる予感!!


 さて、長野と言えば、モンスタークラスのヒルクラポイントが居並ぶ“山の聖地”。ですが今回は、そうしたハードな相手は一切無視。「とにかく木崎湖でのんびり、ゆっくりしたい」という年金生活者のような思考のローディーしかいないので、長野駅から白馬に向けて、西へ走る国道406号をダラダラ通行していきます。



 この国道406号、のどかな山間部をひたすら西へ向かう綺麗な道路で、途中にお蕎麦で有名な鬼無里(きなさ)、ちょっと南側には戸隠神社などがあります。行程としては緩やかなアップダウンがありますが、ヒルクラと呼べるようなキツイ場所はゼロ。ただ、超山奥なので途中に頻繁にトンネルが現れます。回避する事も可能ですが、旧道を迂回すると急に激坂が出てきたりするので、諦めてトンネルを走るという選択肢もアリ。道幅も広いので、今回は特にトンネルは回避しませんでした。

DSC05775

DSC05780

DSC05834

DSC05781

DSC05794

 ダラダラ走る道中の会話は、要約すると

-5xqteuTいやぁ長野別格だわ

 

3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_400x400最高だ



e3e05b84もう東京に帰りたくない



 のみ。夏の鮮やかな日差しと、青々とした長野の山、たまに現れる古い民家という最高景色に脳が乗っ取られて、ダラけたワードしか口から出てきません。

DSC05796

DSC05805

 「いつも行ってる飯能や奥多摩も山奥だろう」と言われればその通りなのですが、長野は“山っぷり”が別格。視界のほとんどが山で、道路や家などの人工物はほんの少し。連なる山のスケールも雄大で、“自然の中に来たなぁ”という感覚がとても強いのです。

DSC05813

DSC05816

 DSC05826

DSC05840

 しばらく自然を満喫していると、鬼無里の村に到着。蕎麦が有名ですが、今回はそれと同じくらい有名な“おやき”を食べて休憩する事に。「カフェいろはな」さんでは、野沢菜、切り干し大根、かぼちゃ、ねぎみそなど、様々な中身のおやきが楽しめます。

DSC05843

DSC05861

DSC05862


DSC05867

DSC05869

DSC05870

 さらに、おやきの生地を、ドーナツやホットケーキのようにアレンジ。シロップをかけて楽しむ「Oyakiji」なんて食べ物も。まさに伝統と革新という感じです。

DSC05872

DSC05874

 食後も、のどかな雰囲気を満喫しながら進行。途中、形式の良いところで“夏っぽい写真”にこだわり、頻繁に立ち止まるのでなかなか進みませんが、それもまた楽しみの一つ。

DSC05879

DSC05885


DSC05889

DSC05906

DSC05920

DSC05927

 鬼無里を抜けてほどなくすると、緩やかなアップダウン区間が終わり、アップばかりになります。西へと走るこの道路は、白馬方面に抜けるところで峠になっており、その本格的な登りが始まったようです。

DSC05930

DSC05934

DSC05936

 頂上の標高は約1,100mと立派な高さですが、長野駅から既にダラダラ登り続けた蓄積があるので、さほど高低差は感じません。斜度もキツイところで10%あるかないか程度。景色の良さと、周囲の森っぷりを楽しんでいる間に、目の前にトンネルが現れました。

DSC05941

DSC05944

 このトンネルこそが、峠の頂上。知る人ぞ知る“嶺方峠”(みねかたとうげ)です。トンネルを抜けた先が白馬……つまり、北アルプス。緑の山の世界からトンネルを抜けると、突然目の前に、雪をかぶった山脈が広がり、その絶景ぶりに感動する峠なのです。

DSC05952

DSC05960

DSC05963

DSC05965

 あれ、北アルプスが雲に隠れてるwwww

 肝心の積雪ぶぶんがクッキリ見えずに残念でしたが、それでもロケーションは最高。ひとしきり撮影を楽しんだ後、白馬方面へとダウンヒルします。

DSC05978

DSC05986

DSC05994

 このあたりになると、夏休みとはいえほとんど車通りは無く、森の中を伸びる広くて綺麗な道路で快適なダウンヒルが楽しめます。

 下りた先は松本盆地。モンスター急の山に囲まれた平野で、スケール感や遠くの山の美しさは特筆すべきもの。「うひゃー」とか言いながら、木崎湖への道を走ります。

DSC06001

DSC06009

 途中、木崎湖を眺めながら食べようとコンビニで「むかん」をゲット。皮無しの冷凍みかんで、買った時はカッチカチですが、常温で自然解凍させると30分~1時間で食べごろになるというもの。木崎湖に到着した頃に、ちょうど美味しく食べられそうです。木崎湖に限らず、ヒルクラポイントの手前で購入して、山を登った後で、ご褒美に食べごろみかんを楽しむというのもアリでしょう。

DSC06014

DSC06015

DSC06048

 ほどなくして、木崎湖のほとりにある海ノ口駅に到着。むかんを食べて、頭がキーンとしてのたうちまわりながら、みかんの自然な甘みで疲れが癒されます。湖畔の風を浴びながら汗が乾いたら、後はのんびりクランクを回しながら写真を撮りつつ湖を一周。なんて優雅な夏休みの過ごし方でしょう。

DSC06075


DSC06058


DSC06061

DSC06108

DSC06085-Edit

 桟橋のポイントに辿り着くと、湖畔には無数のテントと、湖で泳ぎを楽しんでいる家族連れの姿が。

DSC06114

DSC06139

 我々も湖畔に自転車を起き、雄大な湖の姿を写真に収めます。すると、サドルバッグをゴソゴソやっているゆっけさんの姿が……。

DSC06144


e3e05b84なに出してるの



-5xqteuT前回AACRで木崎湖に来た時に、絶対に次来る時はコレを持ってこようと思ってた。



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_400x400ああああああああーーー!!



e3e05b84水中メガネwwwwwwwwww


 なんということでしょう、此奴は他の観光客と同様、木崎湖で泳ぎを楽しもうというのです。サイクルジャージで。

e3e05b84ホントに泳ぐの!?



-5xqteuTこんな季節なんだから泳がなきゃ損でしょ、サイクルジャージは高性能だからすぐに乾くだろうし。



3487fc7fb8e61847844efa345cfea8fe_400x400ズルい!俺も泳ぎます。



DSC06151

 最初はおそるおそる、膝下まで水に浸かったりしていましたが“海中から発生したローディー”などのアホ写真を撮っているうちに、どうでもよくなり“面白いポーズで飛び込んだ奴が勝利”など、ムチャクチャ状態。水中撮影も可能なアクションカメラ片手に、力の限り、木崎湖スイミングを楽しみました。

DSC06153

DSC06161

 DSC06216

DSC06221

 DSC06223

DSC06227

DSC06252-Edit

 当然ジャージはずぶ濡れ。しかし、湖畔で座り込んでまったりと夏の夕暮れの風に吹かれていると、すぐに渇きました。パッド以外は。

DSC06262

 長野まで来て何バカやってんだという感じではありますが、短い距離、低い獲得標高でも、落ち着いて景色を楽しんだり、美味しいものを食べたり、1箇所をじっくり味わう楽しみがあります。水泳後特有の、全身を包む心地よい疲労感に浸りながら、木崎湖の夕暮れを眺める3人の幸福ゲージは既にMAX。こんなロード旅も、たまにはいいかもしれません。

DSC06193-Edit

DSC06261

 そして何より、新幹線輪行→長野駅→木崎湖への道が、思いのほか快適で近いと実感できたのは大きな収穫でした。長野駅を起点としたコース作りに、2017年は挑戦したいところ。

 ちなみにその後、長野でまじめにヒルクラしたと思われるかもしれませんが、焼肉食って聖地巡礼して帰りましたww


DSC06323

DSC06379

DSC06360

DSC06366
 
DSC06375

DSC06387

DSC06398

DSC06424