DSC06598

 なんのかんの言いながら、毎回参加してレポートしている気がする「やっちゃばフェス」。今回は4月10日開催でしたが、フラリとお邪魔してきました。

DSC06166

 前日、こんなアホなトコロを走っていたので起きたら魂が8割方鼻から抜け出ていましたが、同人誌買いに行くくらいなら動けるだろうと、えいやと起床。

 遊ぶ前に、前日消滅したカロリーと塩分を補給するため、新宿で電車を降り、以前紹介した海老そばを食べに行きました。Twitterで「海老そば食う」と言ったところ、「俺も食いたい」というゆっけさんと合流。そして塩分と炭水化物をズルズル。

DSC06570

DSC06571

DSC06578

 アキバに到着すると、とーるさん、ぼんさんもいました。後ほどアキアさんも合流とのこと。皆暇なのか。

 場所がわかっているのは私だけなので、「会場のビル見たら笑うと思うよ」と前フリした上で、勝手知ったるアキバの街をゾロゾロと移動。「着いた」と告げると、案の定、想像を超えるビルの年季の入りぶりに皆笑っていました。

DSC06583

DSC06585

DSC06586

DSC06587

DSC06591

 とりあえず写真撮ったり、売ってる方とお話したり、とーるさんが痛ジャージ試着したり、酸素不足に陥ったりしながら中をウロウロ。でかいカメラをぶら下げていたので、「へるはうんどさんですか?」と話しかけられる事案もめでたく発生。

DSC06594

 グッスマの輪行袋!!

DSC06595

DSC06603

 ネコとビールをデザインコンセプトとした、「くにゃふとびーる」さん。

 サイクルジャージが可愛すぎます。

DSC06605

DSC06602

DSC06606

DSC06608

 会場を堪能ご、ゆっけさんの壊れかけのHDDの代わりにSSD買ったり、アキバをウロウロ。気づいたら、いつものあそこに到着していました。

DSC06613

DSC06615

 ミルフィーユ+アイス+イチゴジャムうめえwww



BFQit6Dg_200x200-5xqteuTミルフィーユの写真、俺らがRX100で撮影した写真となんか違う



e3e05b84ああ、かけてる金が違う



DSC06617

 その後はクラウンギアーズをウロウロして.... と、お決まりのパターン。

 というわけで今回の戦利品はこれだ!!

DSC07027

DSC07028

 ペコさんの「腐ったオタクの自転車ライフ2」。タイトルのとおり、弱ペダでロードにハマったペコさんが、自転車ライフを綴ったマンガ。今回は購入したのは第2巻。

 ページを開いた瞬間に「いままでの最長ライドが210kmなのに、東京から伊勢に自走で行く事になる」というエクストリーム具合に痺れます。

 案の定トラブルの連続にハラハラしながら、一息に読み終えてしまいました。やっぱロングライドにはドラマがあります。そしてふくらはぎが攣る前兆を「肉玉が上がってくる」とする表現が秀逸。女子ローディーの参考になる情報も盛り込まれていて非常に面白いです。さっそく買い逃していた1巻もCOMIC ZINでポチり。

DSC07029

DSC07030

 石虎堂さんは、ロードやミニベロ、クロス、ホイール、アクセサリなどを扱う輸入代理店。

 扱っている自転車を、美少女イラストと共に紹介されています。

DSC07031

DSC06596

 アクセサリ類も充実。特に、サドルバッグやスマホも入る耐水性のモバイルエアバッグがデザイン豊富!

DSC06598

 この黒猫のポーチかわいいです。

DSC06599

 オンラインでも買えるみたい。デザインの種類は豊富です。

DSC07032

 カルマおじさんさんによる「東京近郊飯ポタガイド」。

 軽いポタリングの途中で食べられそうなお店から、ロングライド中のガッツリ補給、そのお店で食事する事をメインとしたライドなど、様々な食事処が紹介されています。

 それにしても、「東京近郊」で自転車本なのに喜多方とかが出てきてハニワ顔になれます。

DSC07033

 オリジナルデザインのサイクルウェアや、ハードコアなライドで、インナーロー教団的に注目しているタコ助野郎さんの同人誌もゲット。

DSC07034

DSC07036

DSC07035

 ハードコアなルート紹介や、悪路を走破するダートバイクの紹介に加え、挽きたてのコーヒーを楽しむための装備紹介も!

 いやぁ、峠の見晴らしの良い場所で、ゆっくりとコーヒーを飲みながら林道話に花を咲かせるなんて、粋で憧れます。


 ロードバイクにまつわる体験談や写真を公開し、見てもらうという広義の意味では、このブログも同人誌のようなモノです。ただ、一冊の本としてまとめたり、ピンバッジやシールといったカタチあるグッズを作り上げる事には、デジタルだけで完結するブログとはまた違う楽しみがあります。

 気を抜くとなんでもスマホでやってしまう昨今だからこそ、こうしたモノの持つ力にも注目していきたいところ。ストリートビューで現地に行った気になる事と、ロードバイクで現地を走った体験に、雲泥の差がある事と、どことなく似ているような気もします。