DSC09872

【↓ダイジェスト動画はこちら↓】
 (読了後再生推奨/画質は720/60p、1080/60pがオススメです)



 「山が楽しいと言われても何処へ行けばいいかわからない」

 「◯◯峠とか言われても何処にあるかわからない」

 「そもそも◯◯峠って私でも登れるの?」

 といった、初心者ローディーの至極もっともな疑問に少しでも有用な情報をと、意味不明な「血の味指数」なるものを作り、毎回地図や動画付きでキツさをレポート。ランキングとして掲示して久しい当ブログ(ランキングはPC版表示のみ)。

 そのせいか、Twitterなどで「ブログで◯◯峠のレポ見て行ってみたくなった」という声を最近良く聞くようになりました。

 その中でも人気があるのは、やはり“渋峠”ですが、長野の超大物峠は除外した、もっと“身近な峠”の中で妙に人気があるのが「子ノ権現」です。

DSC09796


 子ノ権現はこのブログで何度も登場しているのでお馴染みでしょう。飯能の奥地にある、天台宗のお寺に続く鬼のようなヒルクラポイントです。四天坂の三番手にあたり、耐えていればなんとかなる都民の森、短時間歯をくいしばれば終わる和田峠と比べると、難易度が一つ違う、超激坂に負けない精神力が試される場所です。

 自分で紹介しておいて「あんなキツイ場所、なんでみんな行きたがるのだろう?」と首をかしげていましたが、話を聞いてみると
  • 最後の激坂の写真がスゴイので実際に見てみたい、挑戦してみたい
  • 光のリング(輪っか状の自転車用お守り)が欲しい
  • 足腰にご利益があるのでお参りがしたい
 という3点が魅力のようです。

 なるほどそう言われてみると、子ノ権現は普通の峠と比べ、ちょっと特殊なところがあります。スタートの集落から、キツイ斜度の山道が続き、それを乗り越えた最後に登場する激坂ポイント。普通の峠は、登り切った頂上に記念碑がある程度ですが、子ノ権現はお寺があり、制覇した証となるお土産もゲット可能。ついでに風景のご褒美も楽しめます。

DSC09852

 序盤でザコ敵を倒しつつ、進むにつれて強くなる敵に苦戦し、薬草も尽きかけた最後の最後に一番強烈なラスボスが登場。それを倒せば、価千金の宝物が手に入る。さながら、RPGのダンジョンのような構成で、ドラマチックなルートになっていると言えるのかもしれません。

 そんなわけで、今回初めて子ノ権現に挑む2人のローディーに随伴する事に。ラストダンジョンに挑む勇者は、以前も一緒に走った女子ローディーのmkさんと、Twitterでよくお話している「ロングライドでいこう(仮)」のぼんさん、そして子ノ権現に2日連続で挑んだ伝説を持つれーやんさん

 さらに、今回のライドを企画したアキアさん、そして腰が治ったんだか治ってないんだかわからないままヒラヒラ登るお馴染みのゆっけさん、計5人が飯能駅に集まりました。

DSC09607

 当初予定していたルート以下の図の通り。子ノ権現を制覇した後、奥武蔵グリーンラインを半分くらい走り、そこから正丸峠なども味わいながらカフェキキさんに戻るというもの。


 しかし、冬はすぐに日暮れになるので、暗い時間にダウンヒルをするのは危険。子ノ権現をクリアしたタイムで、その後の行程は臨機応変に変えていこうと話ながらスタートしました。

DSC09643


DSC09669

DSC09672

 思い返してみれば、子ノ権現は初討伐の時から強烈な前菜を食べてから挑まされ、脚が売り切れた状態で戦いました。その後も、ボロボロの状態でしか挑んだ記憶が無く……、序盤で脚がフレッシュな状態で戦うのはなかなか新鮮です。

M97yZ8Wo_400x400でも、いきなり子ノ権現行くと脚がおかしくなっちゃうので、ウォーミングアップに「倉掛峠」というのを1個入れてみました。

e3e05b84アキアさんよけいなことを……(# ゚Д゚)


 
DSC09677

DSC09679

DSC09683

DSC09686

 倉掛峠は、カフェキキさんから子ノ権現方面に行こうとすると現れる、短めの峠。全長は約400m、高低差は66mと、峠というよりちょっと長めの激坂という感じ。短いだけあり、平均斜度は12%と、なかなか立派な数値です。

 突入してみると、案の定12%では収まらず、13%、14%と瞬間的にキツイ区間も。朝イチでこの斜度は強烈ですが、いきなり脚を使うわけにもいかないので、限界脱力走法でダラダラ登っていきます。
 
DSC09695

 ちなみに、今回のライドメンバーの中に、異次元的に登れる人は含まれていません。しかし、貧脚詐欺師は3名(アキアさん、れーやんさん、ユッケ丼)含まれています。

 本人たちは違うと言うかもしれませんが、他人の登坂を後ろから眺め、ビデオ解析して400年の私の目は誤魔化せません。れーやんさんもまだロードバイク歴は長くないそうですが、すぐにガンガン登るようになる未来図が見えます。

 ただ、幸いにも「もっと速く登ろうぜ」的なオーラを出す人は皆無なので、気兼ねなくダラダラと、無駄話をしながらのんびりできます。まあ例えオーラを出されても私はガン無視マイペースなので関係はないのですが。

DSC09703

DSC09713

 倉掛峠をクリアし、子ノ権現の入り口へ。

 このあたりは、そこそこのアップダウンが続きますが、子ノ権現が近づくプレッシャーで、少しでも脚に余力を持たせようと、私は最後尾をウロウロするだけ。

 一方、登れるアキアさんは、後ろにいるぼんさんに話しかけながら、グイグイと先へ進んでいきます。

 アキアさんは恐らく無自覚にやっているのだと思いますが、会話をしようとするぼんさんは自動的にあきあさんのペースで登るカタチになり、私を含む最後尾グループとの距離がどんどん離れていきます。

DSC09714

DSC09733

DSC09721

DSC09718_顔修正済

5ZgP3cKb_400x400あれやばいですね



wKqqBvNm_400x400ぼんさん……アキアさんの罠にハマっちゃってますね


 
-5xqteuTここで脚を使っちゃったら子ノ権現キツくなるのに……
へるさん忠告してあげないんですか


e3e05b84あーゆーソフトな感じの詐欺にひっかかって、ヒルクラが始まって脚を使わされた事に絶望し、罠にハメた張本人がスルスルと登っていく姿にまた絶望して、人は成長していくんだ

-5xqteuTこの人、たんに先頭まで追いつくの面倒なだけだから



5ZgP3cKb_400x400wKqqBvNm_400x400ヒドイwww


 ヒルクラ中、暇なので私はよく無駄話をしています。同じように最後尾をウロウロしているゆっけさんと会話する事が多いですが、会話を続けるためにゆっけさんの登坂スピードに無理についていく事は一切しません。人に合わせて登坂スピードを変えるなど、私の中の教義に反します。

 たまたま近くにいる人と喋り、全員が先に言ってしまったら独り言、さらに絶望的に遅れたら一人で歌をうたう……というのが基本的な登坂スタイルです。サドルの上のアウトドア引きこもり、それがロードバイクなのです。
 
DSC09726

DSC09730

DSC09732

 家がポツポツある区間は、まだ斜度が緩く、さほどキツくありません。しかし、油断は禁物。山の中に入ったら一気にキツくなるので、それに備えて心を落ち着かせます。

 ほどなくして、鬱蒼とした森が目の前に出現。ここからが子ノ権現の本番。まだ朝の10時半ですが、森は薄暗く、木漏れ日が夕日のように見えてきます。 

DSC09739

DSC09743

DSC09748

DSC09753

DSC09761

DSC09764

 神秘的な自然の風景は美しいですが、のまれてはいけません。マイペースマイペースと呪文のように唱えながら、力をたくわえていきます。

 幸い、車はほとんど通りません。キツイカーブでは大きく外側を回って斜度を緩くしたり、落石やゴミを避けるのも苦になりません。

 子ノ権現の坂スペックは、距離約3.9km、平均斜度は約8.5%。標高270m地点から600mまで、短い距離で一気に上がります。むろん下り坂はゼロです。

 子ノ権現初挑戦であり、脚付き無しでの登坂を目指しているmkさん、ぼんさんに「慌てず、ゆっくり、脚を使わずに!」と偉そうにアドバイスしますが、半分は自分に言い聞かせています。一度倒しているとは言え、四天坂の一角。決して気軽にクリアできる相手ではありません。

DSC09769

 暗い森をジリジリと登り、ログハウスが見えてくる解放区感へ。余裕のアキアさんは先行して、ログハウスの上に伸びている道路から、我々に向かって手を振ってくれます。

 そんなアキアさんに向かって、手をふるれーやんさんとぼんさん。楽しい光景ではありますが、これから家の上に向かって伸びているわけのわからない坂を登らなければならないという、地獄のような光景と言い換える事もできます。

  アキアさんの罠から抜け出し、省力登坂に切り替えたぼんさんが最後尾に落ちてきましたw 後ろのmkさんも言葉数が少なくなっており、2人が限界までパワーを落として、この地獄と向き合っているのがヒシヒシと伝わってきます。

 2人は千葉やつくば方面に住んでいるので、近場の山と言えば筑波山。私も何度か走りましたが、やはり山の険しさは奥多摩や飯能などの方が一枚上手。ぼんさんも「想像してたよりキツイっす」と苦笑い。確かに、千葉や筑波、東京の平野部では、そこにいるだけでHPが減っていく毒の沼地感を楽しめる峠にはなかなか出会えないものです。

DSC09774

DSC09778

DSC09781

DSC09784

DSC09788

DSC09790

DSC09792

DSC09795

 静かな森に響く、息切れと、チェーンの音。これぞまさにヒルクラ精神修養。

 このカーブが幾つめか、数えるのも億劫になり、「いっそひと思いに殺してくれ」と言いたくなった頃に、“ソレ”が現れます。

 もはや説明不要、ラストの300m区間。ここまでセーブした脚をフル活用し、倒れないように体幹を活用、あとは己の恐怖心に打ち勝つ事が求められる試練の場です。
 
DSC09796

 第一関門の激坂ストレートは、目にした瞬間に心をヘビー級ボクサーにぶん殴られたような衝撃を受け、「あ、これダメだ」と思ってしまう恐怖のポイント。

 先行で挑んだぼんさんは、その入口に入りますが、目の前の光景にリキミ過ぎてしまったのか、ビンディングが外れてしまい、あえなく轟沈。

 しかし、諦めずに戻って再スタート!!

DSC09799

 mkさんは落ち着いて大回りにカーブしながら、ストレートゾーンに突入。そのまま蛇行気味ですが、順調にストレートを登っていきます。

 これは行けるか!? と後ろから見ていましたが、「アアー(ヾノ・∀・`)ムリムリ」という悲鳴がどんどん大きくなり、こちらも残念ながら轟沈。

DSC09802

DSC09804_顔修正済

DSC09806_顔修正済

 再チャレンジのぼんさんは、見事にストレートをクリアしますが、第二関門の右カーブの手前で残念ながら撃沈。

DSC09812

DSC09817_顔修正済

DSC09818_顔修正済

 mkさんも再びストレートを登り直しますが、途中で心が折れ、そのまま徒歩登山に切り替え。

DSC09826_顔修正済

DSC09835

 皆でワイワイと、この異常な斜度を記念撮影。すると、激坂カーブの内側で自転車と共に立っていたmkさんが

wKqqBvNm_400x400怖いいい!!! ( ;∀;)



 と言って立ち尽くしています。

 外から見ていると何が!?と、言いたくなりますが、実際にこの場に立った事があると気持ちがよくわかります。あまりにも斜度がキツイので、目の前が道ではなく壁のように認識され、自分が立っている場所が地面ではなく、壁なのではないかという錯覚に陥り、背中側に転がり落ちてしまうのではないかという恐怖で脚がすくんでしまうのです。悪い冗談のようなものです

 個人的には、子ノ権現初挑戦で脚をついてしまうのは、当たり前だと思います。ぶっちゃけここは無茶苦茶と言っていい斜度なので、初見で登れる方がどうかしていますお前は初見で登っただろ、と言われそうですが、アレは百草園などで超激坂に対する恐怖心をある程度克服していたため。逆に言えば、そういった経験さえあれば、2人も登り切れた事でしょう。後ほど、それが証明されます。

DSC09836

DSC09838_顔修正済

DSC09839_顔修正済

DSC09850

DSC09854

DSC09855

DSC09857

 無事に光のリングこと自転車お守りもゲットできました。

DSC09859

DSC09860

DSC09861

DSC09866

 子ノ権現の反対側へとダウンヒル……の前に、広がる絶景も楽しんでおきましょう。晴れていればこのように、都心部やスカイツリーまで見渡せます。右のほうにニョキッと伸びてるやつ、あれがスカイツリーです。

DSC09872

DSC09880

DSC09883

 せっかくなので、ぼんさん、れーやんさん、mkさんの愛車もパチリ。

 逆光気味で愛車がちょっと暗い時は、フラッシュを炊きましょう。フラッシュは夜にだけ使うものではありません。日中シンクロってやつです。

DSC09886

DSC09888

DSC09897

DSC09898

DSC09901

DSC09904


DSC09908

DSC09928_顔修正済

 本来は奥武蔵グリーンライン方面に向かう予定でしたが、子ノ権現で遊びまわっていたのですっかり良い時間に。無理してグリーンラインに入ると、あそこはなかなか抜け出せないので、日暮れが迫ってしまうだろうと判断。天目指峠→有間ダム→カフェキキというプランに急遽変更しました。

DSC09933

DSC09939

DSC09946

 子ノ権現に続いて登場したのが、中二病っぽいネーミング峠こと天目指峠(あまめざすとうげ)。先日も、へまライドで挑んだあそこです。

 坂スペックは2.5kmで220mUP、平均斜度9.2%。ちょい斜度がキツ目の短い峠という感じで、そこそこ辛いのですが、立地的に子ノ権現をクリアした後に訪れるカタチになるので、脳内の斜度計がぶっ壊れており、あんまりキツく感じないという不憫な峠でもあります。
 
DSC09955


DSC09957

 ただ、冬場だからなのか、峠内部の見通しがすこぶる良く、これから進む先の道路が、わけのわからない場所を走っているのが良く見えて、心へ地味にダメージを与えてきやがります。

DSC09959

DSC09961


DSC09975

DSC09977

 子ノ権現で全員疲れたのか、皆でダラダラ登坂モード。しょうもない話をしながら、ユルユルと登りきりました。

DSC09986

 天目指峠というすこぶるカッコイイ名前の、意外な由来は、ぜひみなさんの目で確かめてください。頂上に由来が書いた看板がありますので。

eDSC00016

eDSC00039

eDSC00050

eDSC00096

 下界に降りたら、次は有間ダムへ行きましょう。その前に、鳥居観音に寄り道。

eDSC00099

 ある意味、子ノ権現なんか目じゃない魔境の中の魔境ですが、この日は臨時休業なのか、ロープで入れないようになっていました。命拾いしました。

eDSC00108_顔修正済

 ただ、異次元激坂を味わってもらおうと、ぼんさん達にはロープまでの短いヒルクラも体験してもらいました。

eDSC00122

eDSC00128

 そして有間ダムへ。

 昔から私が苦手としているこの坂。距離は1kmくらいでしょうか? 斜度が12、13%程度とキツく、見通しがバカみたいに良く、斜度の変化が少ない……心が折られやすいタイプ。いつまでたっても苦手です、ホントにここは。小細工が一切効かない峠がやっぱり苦手なのだと思います。

eDSC00134

eDSC00140_顔修正済

 あれ、れーやんさんとTTして消えていったアキアさんが湖のほとりで土に還ろうとしているwww

eDSC00141

 ダム+ロードバイク写真のアングル3変化をお楽しみください。

eDSC00149

eDSC00148

eDSC00150

 アングル一つで主役が変わるのが面白いところです。

 さーお腹がすきました。

 カフェキキさんで、遅いお昼ごはんといきましょう。

eDSC00160

eDSC00162

eDSC00168

eDSC00166

eDSC00169

eDSC00172

 以上、雪景色の飯能からお届けしました。

eDSC00174

 図らずも、短め激坂いっぱいライドという雰囲気になってきた今回のルート。

 カフェキキさんでお腹いっぱいになったのなら、やはりデザートはココに行くしかありません。お馴染みの苦労坂(東都飯能カントリー倶楽部の激坂)。ぼんさんは初挑戦、mkさんは以前レポした通り、最初に登場するストレートで脚つき。今回は脚つき無しでのクリアを目指しています。

eDSC00183

eDSC00199

 後ろから見ていると気づいた事が。ぼんさんもmkさんも、子ノ権現に挑んだ時と比べると、パワーの温存ぷりがハンパではなく、丁寧に、ゆっくりと、少しでも体力を温存しながら登ろうという慎重さが背中から伝わってきます。

 2人とも順調にストレートを進んで……いたのですが、ここで予想外の自体。めったにクルマどころか、人間にも出会わない苦労坂……にも関わらず、前からクルマ、そしてなんと後ろからもクルマが。2台がすれ違うために膨らみ、我々の進路をやや塞ぐようなカタチになり、ロードバイクの渋滞が発生。立ちごけしてもつまらないので、ここは大人しく脚つきした方が懸命です。

 ぼんさんはクルマが膨らむ前に抜けられて、脚つき無しでそのまま先へ。mkさんは一瞬脚つきしましたが、不可抗力なので「ノーカンノーカン!!」と、その場で乗って、再び登坂を続けます。

eDSC00209_顔修正済

eDSC00218

 最大斜度こそ、子ノ権現のラストにはかないませんが、苦労坂は常時激烈な斜度でヒットポイントをガンガン削ってくるタイプ。脚力と体幹が需要ですが、それよりも「キツくてもあきらめない」という心が重要です。

 「もうダメだ」、「こんなの無理だ」とチラッとでも思ってしまったら、そのワードが頭の中で増殖して、ペダルが回らなくなり、倒れそうになってビンディングを外す結末までまっしぐらです。

 しかし、子ノ権現を体験したぼんさん、mkさんには「さっきの地獄に比べたら、ここはまだマシだ」という心の余裕があります。先行するぼんさんは、限界の一歩手前まで力を振り絞り、脚つき無しクリア!!

 mkさんもクルマのスレ違いポイントから先、脚つき無しで登り切り、事実上2人とも完全勝利を収めました。

eDSC00221

eDSC00227

eDSC00232

 2人が口にしたのは、「先に子ノ権現に行ったから、苦労坂をクリアできた」という言葉。とてもクリアできないように思える場所でも、もっとキツイ場所を経験すれば、冷静に戦え、勝機を見出だせるという法則。激坂に限らず、もしかしたらこの積み重ねこそが、ロードバイクで走れる世界を広げていくという事なのかもしれません。

eDSC00233

eDSC00245