DSC09933

 恐らく誰しもがそうであるように、私も初めてロードバイクを買う時には、脳がバターになるくらい調べました。

 フレームとホイールを指定してのバラ買いは怖いので完成車。メーカーは伝統と伝説を重視、デザインは有機的で、カラーは中二病っぽく……。細かいパーツはよくわからないので105。当然ホイールの事まで気にする心の余裕は無く。

 わからないなりに、当時はロングライドに憧れていたので「ロングライド向けのフレーム」と銘打たれたものからチョイス。空力がどうのこうの、レースで培われた技術がどうのこうの……安い買い物ではないので、少しでも凄そうな要素が沢山入っているものを選びたいという心理です。

DSC09970

 しかし、実際に乗り始めてみると、空想で重要だと思っていたポイントは自分にとってはどうでもいい事ばかり。ロングライドはどこへやら、輪行で山ばかり登っているのが原因かもしれませんが、現在の私がロードバイクのフレームに求めるものは

  • 輪行をくりかえしても壊れる心配の少ない頑丈さ
  • 山で責任転嫁をし過ぎない程度の軽さ
  • 飽きの来ないシンプルなデザイン
  • 写真写りのエロさ
  • リアディレーラーの入手性の良さ
  • ダウンチューブの下にもボトルケージを取り付けられるネジ穴
 程度のもの。

 結局レースに出るわけでもないのでスピード性能なんてまったく必要なく、ダウンヒルもぶっ飛ばすわけではないので安定して降りられればヨシ……。最も重要なのは山頂に到着し、写真に収めた時の絵になる具合のみ。

 タイムマシンで購入前の自分の部屋の引き出しに戻れたら、むしろホイールの性能や軽さ、スプロケのデカさ、サドルの種類、ウェアやインナーの機能りの方がよほど重要なんだと説教するに違いありません。

DSC09884-2

 もっとも、私の現在のロードバイクの乗り方や目的から導き出されたニーズがそうだというだけの話。

 もし私がレースにハマって、高強度の練習を毎日こなし、スピードを競うような世界に飛び込んでいたら、ツール・ド・フランスで培われたような最新技術を導入したフレームにより魅力を感じるようになっていたのかもしれません。

 要するに、今の私にとってはそうした性能よりも、「イカス自転車だなぁ」と見惚れるエロさとか、ちょっと外が寒くても「絶景をバックにこいつの写真が撮りたいから出かけるか」というモチベーション、疲れきって輪行袋をうっかりガシャンと倒してもへいちゃらな頑丈さとか、そういった部分の方が魅力的に感じられる……というわけです。

DSC09881-2

DSC09896-2

 職人さんが手作業でつくり上げる自転車をまとめて展示、紹介しているイベント「ハンドメイドバイシクル展」に行ってみました。サイクルモードインターナショナルに行っても、オーダーメイド車のブースばかり興味津々で見ている身としては、そのコーナーのみを単独で抜き出したようなイベントに興味がありました。

DSC09897-2

DSC09903-2

DSC09905

DSC09907

DSC09906

 最近テレビでやたらと目にするSANOMAGICのマホガニーバイクや

DSC09908

DSC09914

DSC09915

 東洋フレームとグラファイトデザインが手を組んだラグフレーム

DSC09919

DSC09922

DSC09924

 一目見たら忘れられないような個性的なペインティング

DSC09925

DSC09928

DSC09930

 特殊なニーズに応える自転車

DSC09934

DSC09936

DSC09937

DSC09938

DSC09940

 匠の技で、巨大メーカーのフレームに負けない軽さや速度を実現したり、塗装に頼らずに独特のカラーを実現したチタンバイクなど……

 要するに、人それぞれ違う「自転車に求めるモノ」を、例えそれが細かい話しであろうとも、丁寧に叶えようという姿勢に、ある種の美学を感じます。同時に、ユーザーの要望をただ反映するのではなく、フレームビルダーなど、作り手の思想や理論、アイデアを具現化しようという熱意もそこにからみ合ってくるので、さらに深みが増して面白くなります。

 フレームだけではありません。

DSC09942

DSC09945

DSC09946

 ロードバイクを持ち上げるたびに、サドルバッグを外していても、「なぜリア側はこんなにも重いのか」、「スプロケとかディレーラーとかいろいろあるので当たり前だけどもうちょっとなんとかならんのか」と疑問に思っていましたが、スプロケ全部をアルミブロックから切削で作ってしまい、劇的な軽さを実現したモノなど、「なるほど、その手があったか」的なアイデア製品も。

 もちろんバラバラにできないので歯数は変えられませんが、軽量化の面ではとても理にかなっています。

DSC09948

DSC09951

DSC09952

 理にかないまくっていて凄まじい性能ですが、値段も凄まじくて買えないものも。

DSC09953

 び、BBならなんとかならん…か…な……(危険思想)

DSC09956

DSC09960

DSC09963

DSC09964

DSC09965

DSC09967

DSC09971

DSC09973

DSC09978


 自分に大切なものは、月日と共に変わっていくのが悩みどころです。それでもなお、自分は何を重視し、何がしたいのか、そして何を切り捨てても構わないのかを明確にする事が、ロードバイク選びではとても重要だというのが、1台目のロードバイクを乗り回して得た、私の結論めいたものです。


 難しい話はつまらないのでラーメンの話しでもしましょう。腹ごしらえは、会場近く、九段下の天雷軒というお店に行ってみました。

DSC09869-2


 琥珀醤油ラーメンが定番メニューらしいですが、しおいんですけどというブログなので、必然的に「しおにくそば」をオーダー。

 豚バラの風味と、深みのある塩味のマッチングが絶妙。味が強めなので、おろし生姜でサッパリにアレンジする事も可能です。

DSC09871-2

DSC09872-2

DSC09873-2

DSC09876-2

DSC09880-2

 こんなふうにお茶漬けのようにして食べるのが、このお店の特徴なんだとか。

DSC09877-2

 こちらが定番の琥珀醤油ラーメン。

 味見させてもらいましたが、魚介系の出汁がしっかり効きつつも、塩ラーメンよりでスッキリさもあり、美味でした。(*^^*)v

DSC09988

 DSC09990

DSC00019

 食後のデザートがてら、布教活動(?)も完遂。

DSC00028

DSC00030

 今後のレビューネタ品も仕入れておきました。