ブログネタ
ロードバイク に参加中!

DSC00833



 ~某月某日、坂の辛さから少しでも逃れたい一心で、
 のび太は行きつけの自転車屋に駆け込んだ~


e3e05b84ショップえもーん!! スネ夫がアウターで登っていく坂なのに、ボクは肺が破れて太ももが爆裂しそうなんだ、このロードバイクに30Tの乙女スプロケ導入しておくれよぉー




   テケテケーン♪





l_50adc88738c74

 

DSC04235

 私の轟天号のリアディレーラの場合、28Tなら装着可能。しかし、それでは現在の27Tから大差は無く……。ディレーラーごと変えたりすれば乙女ギアへの道は開けますが、そこまでのオオゴトにする気は今のところなく。そんなわけで、とりあえずスプロケでなんとかしよう計画は、ぐぬぬ状態で一旦停止。
 
 ただ、ショップの人にあれこれ聞くと、「デカイスプロケにすれば良いというものでもない」とのこと。

 当然ながら、スプロケがデカくなっていけば、キツイ斜度の坂であっても、より軽くペダルが回せるようになります。ただ、同じ場所まで登ろうとした場合、当然ながらペダルが軽いため、より沢山クルクル回す必要があり、脚の筋肉的な負荷が減る代わりに、心拍数が上がりすぎて苦しくなるとのこと。

 思い返してみると、私はもともと“写真撮影旅の移動手段”として自転車を購入した事もあり、とにかくロングライドができるようになりたいと考えていました。そのために心がけたのは、インナーを主体に、心拍で走り、脚を残したまま距離を稼ぐという走り方。昔のんれす氏に「なんでアウター踏まないの?」と聞かれましたが、一言でいえば“足が売り切れて遠方の撮影地から家に戻ってこれなくなるとヤバイのでは”と心配していたのです。

DSC04245

 そのため、「重いギアをガンガン踏むのはやっちゃいけない事だ」という極端な考えに陥っていました。ただ、徐々に脚力がついてきて、時速30km台の巡航をするようになると、アウターの方がむしろ楽で、徐々にアウターも使うように……、その結果、最近考え方もだいぶ変わってきました。

 従来から心がけていた「心拍を鍛えてクルクルペダリングで脚に負荷をかけずに進む事」も重要ですが、同時に、「脚力を鍛えて今まで重いと思っていたギアも、軽く踏めるようになる」という方向の進化も、おろそかにしてはいけないという事なのでしょう。

sisei2
 (文章と図は特に関係ありません)

 例えば、一段重いギアにしても、従来と変わらわぬケイデンスで踏め、心拍にも変化がないのであれば、前より速く目的地に辿り着けます。そのまま坂に突入すれば、一段ギアに余裕がある状態で登れる事にもなります。要するに心拍だ、脚力だと、個別に語らず、バランスが大事。心拍も脚力も、ついでに言えば体幹も、どれか1つではなく、まんべんなくレベルアップする事が大事なのだと。

 そんなもっともらしい結論に辿り着き、しばらく今のスプロケで修行したいと思います。

 ……と、せっかく行ったショップで、雑談だけして帰るのもアレなので、久しぶりに本格的な点検整備を依頼。シフト用ワイヤーがだいぶ固くなって、変速がしにくくなっていたので、ワイヤーごと交換してもらいました。しかも、交換ついでに、耐久性が高いというアルテグラグレードのワイヤーに変更。さらに、リアディレーラーもちょいと曲がっていたので修正。その結果、ギアが軽い力でスパスパ変えられるようになり、気持ちいいったらありゃしません。

 また、ワイヤー交換のついでに、初のバーテープ交換もしてもらうことに。

 私のロードのバーテープは、買った時に真っ黒のものがついていました。車体の赤黒なカラーにマッチしているので、特に不満も無いのですが、1つだけ"どの程度汚れたのかがさっぱりわからない”という難点が。……まあ、汚れが目立たないというのは利点でもあるのですが。 

DSC07219

 洗車時に洗ったりはしていましたが、それでも、よく見えないだけで、恐らくかなり汚れているだろうと判断。新しいテープにしてもらいました。

 売り場のテープを前に、何色がいいかなぁ……と悩むフリをしましたが、選ぶものは決まっています。

 そう、

 俺の辞書にロード関係パーツにおいて、赤黒以外を選ぶという選択肢は無いのだった!!


 ・

 ・・・

 1時間後

 ・・・・・・



DSC00805

  お前は毒蛇か


DSC00808

いやああああ!! 元からの悪役中二病ヅラが、
さらにメラゾーマに。



DSC00809

 なんかエンドキャップまでついてた。

DSC00797

 走行中に目線を落とすとこんな風景。ちょっと新鮮な気分です。

 …… まあ毒々しいけど目立つからいいか (^^;

 ちょっとしたら、色が落ちて、見た目も落ち着く事を期待して……。


DSC00826

 バーテープ交換後の姿を撮影するためだけに多摩湖来たら、見事なマジックアワーでした。