ブログネタ
ロードバイク に参加中!
DSC01339

 ビンディングシューズがだーいぶボロくなってきたので……

DSC01340

 新しいのを買いました! 

DSC01345

 今のところシューズに特にこだわりはないのですが、1つあるとすれば、ストラップの締め付けの強さを簡単に変えられるバックルタイプである事。

 以前紹介したロードバイクアニメ、「茄子、スーツケースの渡り鳥」で、チョッチがラストのスプリントに挑む直前、バックルを「ギギッ」と締め付けるシーンがあり、アレがカッコイイなと思い、たまにダウンヒルの前とかに「ギギッ」と真似して悦に入ったりしています。私の場合ゴールスプリントするわけでもないので意味はないですが。

aaaaaaaaaaaaaaaa

 チョッチ、ロックオンだ!

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

 ギギッ!!


 (なんかニコ動に動画あった)


DSC01343

 購入したのはシマノの「SH-RT82」というSPDのシューズで、SPD-SLではありません。私の場合、ロードから降りて、ウロウロ写真を撮ったり、輪行する事も多いので、シューズは歩きやすいSPDでないと具合がわるいんです。

DSC01341

 これだと、普通の靴のように歩けて便利です。

DSC01345

DSC01346


 ビンディングの付け外しや、クリート位置調整も、2代目のシューズともなればだいぶ上手くできるようになってきました。

 今回はそんな“クリート位置”について経験談です。

DSC09736

 かなり前の話ですが、ロードバイクに乗っている時にふくらはぎが疲労で攣らないのように、BCAAを飲んでいるという話を書きました。しかし、飲み始めた頃から1つ、疑問に思っていた事が。それは

 “ふくらはぎが攣るのはもしかしておかしい?”

 ロードに乗っている人に話を聞くと、大腿四頭筋やハムストリングスに疲労が蓄積したという体験談はあれど、“ふくらはぎが攣る”という人はあまり多くないようです。当時の私は、キツイ坂などを登るとふくらはぎが攣る事があったので、“脚が疲れるとふくらはぎが攣るもんなんだろうな”と考えていました。つまり"脚が疲れたからふくらはぎが攣った”、“脚に筋力がつけば攣らなくなるだろう”と思っていたわけです。しかし、どうやら違うらしい。

 「なんで俺はふくらはぎが攣りやすいんだ?」、「そもそもどうしてふくらはぎが攣るんだ?」と考え、ゆっくりペダリングをしながら「いつふくらはぎに力が入っているか」を意識して調べた結果、ある1つの仮説が浮かびました。

 クリートの位置が変なんじゃね?

DSC01348

 私はビンディングペダルやクリートを自分で取り付けましたが、クリートをシューズに取り付ける際、ペダルを踏む位置で正しいとされる拇指球の真下にペダル軸が来るようにセッティング……したわけではなく、そこよりもだいぶつま先寄りに取り付けました。

 これは、初のビンディングということもあり、とにかく立ちゴケが怖かったため。ビンディングをできるだけ外しやすい位置にこだわった結果、カカトをひねった時に力が加わりやすく、外れやすかった“つま先寄り”に設定したのです。

 そのままずっと自転車に乗っていたわけですが、ペダリングをすると、当然ながら“つま先で漕いでいる”ような感じになります。この状態では、意識しないと、カカトが下になったり、逆につま先が下になったりと、足首がシーソーのようにグラつくペダリングになっていたようです。

 例えるなら、つま先立ちをして、元に戻って、またつま先立ちをして、という行為を繰り返していたような感じ。その結果、ふくらはぎに余計な力がかかり、坂やロングライドでふくらはぎが攣ったのではないか? と考えたわけです。

DSC01347

  そこで、クリート位置をカカト方向に移動。

 多摩湖で、いつもならばふくらはぎがピクピクしはじめるくらいの強度で、かなり踏んでみました。また、ロングライドでのテストとして、茶川探検隊(仮)の100km程度のライドに参加した際にも、同じクリート位置でテスト。

 ……その結果……。

DSC09682

 まったく攣らなくなったwww

 それどころか、足の疲れがかなり減ったww

 坂道を登っていた時に、これまで感じていたふくらはぎへのダメージが少なくなり、足全体にまんべんなく負荷が分散してかかる感じに。その結果、ロングライドでも攣らなくなり、攣る攣らない以前に、足がズシンと重くなるような疲労感もかなり軽減されました。

 また、以前に脳内を支配していた「こんなにガンガン踏むと、脚が疲れて攣ったらやだな」という心理的抵抗も緩和され、「もうちょっと頑張ってみるか」と前向きになるという心境の変化まで。小さな金具の取り付け位置を、何センチかいじっただけですが、こんなにも違いが出るものかと、改めて実感しました。サドルの高さに負けないほど、調整しがいのあるパーツです。

 たかがクリートの位置くらいと以前は思っていましたが、よくよく考えてみれば、ライド中は、ものすごい回数ペダルを回すわけで……、1回1回のダメージは微小でも、蓄積されればトラブルを引き起こす事は当然なのかもしれません。