ブログネタ
ロードバイク に参加中!

 ブログ・メタボローディ奮戦記でお馴染み、茶川さん企画のポタライドにお邪魔してきました。
 (ブログなどで写真使いたいという方がいたらご自由にどうぞ~>参加者様)
 
DSC07628

 私が良く出かける多摩湖自転車道、茶川さんも良く行かれており、多摩湖から武蔵村山のヴェルデでアイスを食べたり、荒川サイクリングロードを走ったり、調布飛行場では珍しいカフェにも行ってみようという趣旨のポタライド。ガッツリライドと聞くと条件反射的に半泣きになりますが、ポタライドという響きは心に優しい感じで気軽にエントリー。流石は多摩湖自転車道を庭としている茶川さん、入り口に立つ姿から漂うオーラのレベルが違います。ポタライドで大丈夫ですよね今日。

DSC07633

 参加者は茶川さんと、奥さんのしろさんゆっこさん、SUZUKIさん、ちまちまさんHIGIRIさん、へまさん、私のなんと総勢8人。いつも、のんれす氏とダラダラ走ったり、学生時代の友人達にロードを買わせて5人くらいで走る事はありましたが、8人は私史上最多人数。

 しかも、前日222km走って来たばかりというHIGIRIさん(凄すぎる)を筆頭に、バリバリ乗られている方ばかりと、いつも初心者ばかりで群れている私にとっては非常に新鮮なライド。ホントに勉強になりました。

DSC07635

 まずは多摩湖に向けて、自転車道をのんびり出発。生活道路でもあるので人通りも多く、車止めも沢山あるため注意して走行する必要があります。8人ともなると車列が長くなるので、ハンドサインでの注意や、信号などで車列がちぎれた時の対応などが必要になります。

DSC07658

 個人的にハンドサインの種類や意味程度は把握しており、初心者同士で走る時は「停車するよ」、「右、左に曲がるよ」というサイン程度は使っていました。ただ、そのサインの出すタイミングや、その他のサイン、例えば障害物があった場合の避け方、歩いている人を追い抜く時のサインなど、「なるほど、このタイミングでこう出すのか」と勉強になりまくり。

 車の運転でも決断力が求められるシーンが多々ありますが、上級者が素早く状況を判断して迷いなく「ビシッ」とハンドサインを出す姿はカッコイイの一言。一生ついて行きたくなりますではなく、自分もビシッとサインを出して後ろの人に伝えていかねばなりません。

DSC07686

 しおいんですけど用語で言うところの東村山のラルプ・デュエズ(精神的斜度87.5%の激坂)も、皆さん何食わぬ顔でグイグイ登坂。しろさんも軽いギアのハイケイデンスでクリア。平地も結構な巡航速度を維持できていて、今のところ限界距離70kmとのことですが、慣れれば100kmも全然楽勝だと思います。茶川さんもロード歴3カ月ちょいとのことですが、巡航もハイスピードで驚きました。私がロード買って3カ月の頃なんてボロボロでしたもの。

DSC07691

 それにしても8台もロードが揃うと、休憩中も壮観です。しかも珍しいことに、8台もあるのにメーカーが一台もかぶっていない! 

 ゆっこさんのTAKIZAWAのオリジナルロード「HARP」、赤&黒基調のデザインで私のツボにはまるカッコよさ、値段を聞いて2度ビックリ。 ランプレのレプリカカラーが美しい茶川さんの「MERIDA RIDE 94」、 空間を白と黒のラインでズバッと切り取ったようなフォルムが綺麗なSUZUKIさんの「ANCHOR RCS6」。 

DSC07692

 HIGIRIさんはTREK「Madone2.3」。モデルは違いますが、Madoneはのんれす氏の自転車なので見慣れているはずが、ブルー&ブラックカラーは光の加減で見え方が変化して、非常に深みのある色合いで新鮮です。

DSC07683

 へまさんのLook 585、シンプルで無駄のないフォルムがでカッコイイ!! 質実剛健な感じの中にも気品があります。

DSC07861

 TIMEも憧れのメーカー! ちまちまさんのTIME FIRST 。トップチューブの絶妙な湾曲がグッときますが、同時にカーボンらしさを全面に出した表面の質感も良い意味で無骨でグッときます。グッと。

DSC07681

 しろさんのGIANT AVAIL COMPOSITE3は、なんといっても各部にスット流れるように入ったパープルのラインが目を惹きます。ホイールのR500のロゴのピンク色も車体にマッチしています……ってあれ!? www

DSC07693

DSC07783

DSC07682

 ホイールやらサドルやらアクションカムやら、個人的に気になる装備もいろいろ。買う前にネットでイロイロ調べる癖はついていますが、やっぱり実際に使っている人の、使ってみてどうかという声を聞くのは参考になります。

DSC07745

 シマノ直伝茶川さん直伝、コーラの気が抜けにくい逆さホールド!! 夏のローディーにコーラは必要不可欠なので、会得しておきたいテクです。

DSC07700

 とかなんとか言っている間に多摩湖に到着。

DSC07695

 ドピーカンで西武ドームもよく見えます。というか、朝からドピーカン過ぎて気温もグングン上昇。ここまでで既に汗だくです。

DSC07708

 お馴染み多摩湖の周回ルート。緑のトンネルが多く、日陰も多いのでこんな日にはピッタリ。

DSC07709

 ちょww みんな速いww

DSC07727

 このルートは一応走り慣れてはいるつもりなので、なんとかついて行きます。地味にアップダウンが連続するので、ギアの練習にはもってこい。上手くギアが選べてスムーズにクリアできると嬉しくなるルートです。

DSC07739

 多摩湖の自然を満喫したら、お次は……。

DSC07748

 下界に降りて武蔵村山へ。お次はヴェルデのアイスを目指す事に。……しかし

 暑ッ!!!

 いや、暑いというよりなんかもう痛い!! 日差しが。

 それもそのはず、気温は33度。6月1日とは思えない真夏のような日差しで、ジリジリと体力を奪われます。信号で停車する時も、思わず日陰を探して停まりたく鳴るほど。

6b67567c

 オアシス到着。

DSC07766

 んめえww

DSC07767

 冷えた水も悶絶の美味さ。もうここん家の子になります。

DSC07753

 おっさんなので養子にはなれず、多摩川サイクリングロードを目指します。

DSC07769

 途中、お昼を立川のパスタ屋さんカフェ ド ラ・ブームへ。船内のような面白い内装。

DSC07770

 愛しのドリンクバー!! ここん家の子(以下略)

DSC07771

 おかしい、パスタ屋に入ったつもりが、ラーメンが出てきた。

 パスタラーメン(手打ち麺)というメニューを見て「意味がわからない」と思ったところまでは覚えているのだが。

DSC07773

 トマトスープに、極太の中華麺……もとい、極太パスタがからみ、アオサ海苔が和風のテイストを加え、そこに塩辛いベーコンが参戦。炒めたキャベツなども顔をのぞかせるという、食べても意味がわからない。脳が美味しいのか美味しくないのかの結論を出せないままフリーズしていたら食べ終わっていたという感じ。食べ終わったのだから美味しかったのだろうか。

DSC07788

 多摩川到着!!

 アップダウンのある多摩湖も面白いですが、平坦な多摩川サイクリングロードはやはり走りやすいです。まったり一定速度で巡航すると、無我の境地に達して額の間の第三の目が開いたり開かなかったりします。というか、ゆっこさんも今年ロード買われたばかりとのことですが速い!!

DSC07820

 気持ちの良い巡航の末、調布飛行場に到着。なんでも、プロペラカフェというユニークなカフェがあるようです。

DSC07834

 カフェというよりも、飛行機の格納庫のような外観。

DSC07836

 にも関わらず、店先には自転車の試乗車が。平地で広い土地があるから?

DSC07838

 店内は飛行機一色。カフェというよりも、格納庫の隣に作られた休憩場のような雰囲気。

DSC07855

DSC07839

 と思ったら、ホントに格納庫の隣に作られてる!!

DSC07850

 飛行機を見ながらティータイム。飛行機マニアにはたまらないお店のハズ。マニアでなくてもこれは楽しいです。ロードがいっぱい吊るされてる隣でお茶を飲むローディーカフェとかあると繁盛しそうですな。

DSC07848

 格納庫だけでなく、窓の外では実際に離発着も行なわれています。

DSC07843

 いやぁ、面白いところでした。

 8人のライドという事で、どんな感じになるだろうと思っていましたが、ハンドサインその他、キッチリ行なうことで安心して走る事ができ、集団走行の基礎というか、なるほどこうやって走ればいいのかと、ローディーとしてのレベルアップファンファーレが脳内で何回か鳴る感じの、目からウロコの楽しいライドでした。

 AACRなどロングライドイベントに参加した時も感じましたが、沢山の人と走るのは、一人でヒーヒー言いながら走るのとは別の楽しさがあるなという認識を新たにした次第。参加された皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました!!