ブログネタ
自転車・サイクリング に参加中!

 サイクリングロードを走っていると、たまに背後から薄いベルのような音が聞こえてきます。ママチャリなどのベルは「チリーン!」と、音量大きめで、鋭い音ですが、それよりも控えめで、風鈴をやや活発にしたような音です。

 振り向くと、ベテランっぽいローディーが迫っており、チンタラ走っている私の右を颯爽と抜いていく……。それとなく自転車を観察すると、サドルの後ろあたりにカウベルのような小さな鈴がついている、という経験が、今まで何度かあります。

 頻繁にサイクリングロードを走るようになると、あの鈴の意味が理解できるようになりました。例えば電気自動車。あれって、ハイブリッド車でも低速時はバッテリのみで動く事が多く、ほぼ無音に近いですよね。街中で、背後に迫っている電機自動車の音に気付かず、無音でデカイ自動車がニュッと真横を通りすぎて「ギョッ」とした経験がある人も多いと思いますが、あまり音を出さずに、スピードが出てしまうロードバイクでも似たような事が起こりえます。

 サイクリングロードで無意味に飛ばさないという大前提はありますが、追い抜きの際、ベルを「チリンチリン」と鳴らしまくり、自分の存在をアピールしまくってから追い抜くのが、恐らく安全面では理想的なのでしょう。しかし、あまり鳴らし過ぎると、ベルの音自体が不快になってしまいます。そこで、“不快感を与えない程度に音を出し、存在をそれとなくアピールする”というのが、あのベルの役割なんだと思います。

DSC00376

 チャリンコ屋で探してみると、そのものずばり「きづきベル」なるものを発見。安全のためならと、試しに買ってみました。

DSC00381

 デザインは小さめカウベルという感じ。鳴らしてみると、「チリンチリン」という自転車ベルの高い音と、「コロンコロン」というカウベルの低い音の、ちょうど真ん中くらい。音が通りやすい高音が主体ですが、不快なほど高過ぎない、絶妙なバランス。これなら揺れるたびに音がしてもあまり不快じゃなさそうです。

DSC00382

 どこに装着するか迷いましたが、とりあえずサドルバッグに取り付けて走ってみました。

DSC00794

 まず、住宅街など、綺麗に舗装された道路を走る時は、自転車の振動が少ないのでほとんど音はしません。たまに、段差を乗り越えた時や、ダンシングした時、車止めを回避した時など、動きが激しくなった時だけ「カロンカロン」と音が出ます。音量もそれほど大きくないので、人通りのある道路を走っていても「あの人、何音立ててんの?」という目では見られません。

 一方で、大型車の走行が多く、アスファルトが荒れてボコボコしている幹線道路では、自転車がガガガガガと、走行中絶えず小刻みに振動しているので、ベルも「カロンコカロンコ」鳴り続けます。

 舗装されたサイクリングロードの走行時はあまり鳴らず、歩行者などを追い抜く時に、車線変更すると、かすかに「カロン」と音が鳴り、良い感じ。坂道で一生懸命漕ぐと、カロカロは大きくなり、「もしかして、余分な力が多くて、綺麗にペダリングできていないと音が大きくなるのでは!?」などと、少年漫画の修行みたいな設定を脳内で補完したりしました。

DSC00383

 概ね良好ですが、2時間を過ぎたあたりで問題が。他でもない、乗っている自分がずーっと「カロンカロン」聞かされているので、「なんかウザい」と本末転倒な事を考えはじめます。

 また、サイクリングロードでは、偶然自分と同じような速度の人の後ろについて、しばらく走る事になる事がありますが、そんな時に「前の人、ずっと後ろからカロンカロン聞こえてて、追い立てられてるみたいな気持ちにならないかな」と心配になったりもします。

 そこで、装着する紐の長さを調節してみました。サドルバッグに取り付けているので、紐を短くする事で、ベルの一部をバッグに意図的に触れさせ、ベルが振動する余韻を低減させようという狙い。

DSC00791

 試しにやってみると、「カロンカロン」という響く音から、「カロカロカロ」という、余韻がダンプされた音に変化。リュックに鈴を装着すると、鈴の片側はリュックの生地に触れているので、「チリンチリン」より、「チリチリ」という響きの無い音になりますが、あれと同じ感じです。「うるさいな」という感じはだいぶ薄れましたが、欲を言えばアンプのように音色の音量を自在にコントロールしたいところ。

  また、恐らく取り付ける自転車の場所によっても、振動しやすいポイント、そうでないポイントがありそう。一番ベストな場所を探すのは、楽しくも大変そうです。どこに装着しても“鳴り過ぎ”と感じる場合は、おそらく人間の体(メッセンジャーバッグやヘルメット? など)に取り付ければ、自転車本体より揺れは少なそうです。

 サイコン用アプリとか、単体のサイクルコンピュータに、振動を検知して自動的に鈴っぽい音をスピーカーから鳴らす機能とかあると良いんですけど。できれば、マイクで周囲の騒音を検知して、騒音環境に合わせて鈴の音量が自動的に変化する機能も込みで……(静かな場所では鈴の音も小さく、うるさい場所では大きく)。

 というか、あまり人がいない田舎を走りたい(結論)