ブログネタ
自転車・サイクリング に参加中!

DSC00726

 多摩川CRや多摩湖自転車道、荒川CRなどをよく走っていますが、結局のところ走りやすさの順は 荒川>多摩湖>多摩川という印象。荒川は道幅が広く、多摩川より利用者が少ないのが良点。多摩川は渋滞気味。多摩湖は、多摩湖にたどり着くまでは混雑しますが、多摩湖を周回するコースは快適です(単に狭山丘陵に用事がある人がいないとも言う)。

 そんな走りやすい荒川CRですが、ロード乗りには有名な彩湖のあたりをウロチョロしたり、下って秋葉原とかに行った事はありますが、源流方向にあまり進んだ事は無く、以前のんれす氏と讃岐うどんを食べに行った時に、川越線と交わる手前くらいまで行ったのが最高記録でした。

DSC09376

aram01

DSC00729

 しかし、荒川の源流方向にはまだまだ名所があり、特にロード乗りは"榎本牧場”でジェラートを食べるのがお決まりのコースとのこと。調べてみると、この榎本牧場、さいたまの上尾付近にあります。上尾と言えば、ミニベロ時代に「それでも町は廻っている」の巡礼で、ゲーセンにうどんを食いに行った時の場所ですなんでうどんばっかりなんだという話はさておき、私の家からは往復約80kmと、わりと距離はありますが、自転車乗りの端くれとして、一度はジェラートを食さねばと挑戦してみました。

DSC05948

DSC00745

 結論から言うとこの榎本牧場、一度行けば大丈夫ですし、他のローディが沢山いる時はついて行けば大丈夫だと思いますが、誰もいない&初めてだと、結構辿り着くのは難しいと思われます。私は経路をiPhoneのサイコンアプリに表示しながら行ったので迷いませんでしたが、途中「これサイコン無きゃわからんな」という箇所が幾つかありました。

DSC00759

 まず彩湖を抜け、秋ヶ瀬公園を通過。

DSC00779

 463号線が頭上に見えてきたら、右折します。

DSC00782

 そのまま直進したくなりますが、少し進むと左手に秋ヶ瀬サーキットというのが見えてくるので、Uターンするようにぐるっと左折。再び荒川CRに戻ります。

aram03

DSC00801

 基本的には運動公園や野球部の練習場などが左右の視界に広がりますが、途中にはこんなに綺麗な緑のトンネルも。

DSC08894

 夏らしい風景ですが、秋はどーなってんですかね……。

DSC08899


DSC08901

DSC08888

 荒川総合運動公園を過ぎると、“昭和”という地区で田んぼの中を突っ切ります。この開放感、とても都内からチャリンコで1時間ちょっととは思えません。

aram04

DSC00851

 再びCRに戻り、西遊馬公園を右側からぐるりと迂回。

DSC00856

 川越線を超えて……

DSC00866

aram05

DSC00898

 ここからは荒川の支流を遡るイメージ。右に見える「さいたま市西清掃事務所」の大きな煙突が目印です。

DSC08866

 このあたりから急に時代の流れが巻き戻る感じで、思わず足を止める風景も。

DSC00917

 そして圧巻は、共栄自動車板金塗装前のヘアピンカーブ。曲がると、目の前に田園地帯の大パノラマが広がります。

DSC08858

 こないだの長野かここは。

DSC08854

 清掃事務所の煙突を背中に見ながら、しばし田んぼの中を進みます。

DSC08843

 夏目友人帳風の小道がそこかしこに。

DSC08830

 フランクに牛も登場して驚かされます。さっきまで東京にいたはずなのだが。

DSC00923

 榎本牧場と並び、ローディー御用達という上尾のうどん屋、川岸屋さんに到着。店先にちゃんとバイクラックも完備されています。今回は時間が無いのでスルー。

DSC00962

 もう牧場は目と鼻の先ですが、最後に45度の右折。

DSC00963

 住宅街に道が進んでいますが、すぐ近くに左折の道があるので、再び荒川と平行にさかのぼります。

DSC00971

DSC08807

 ようやく到着。マップをチラチラ確認しながら進んだ事もありますが、思っていたより遠かった……。でも確かに、ローディー御用達になるのがわかる適度な距離とも言えます。

aram06

DSC08801

 榎本牧場にも当然バイクラック完備。最近、バイクラックのある店増えましたな。

DSC08803

 ようやくジェラートにありつけました。ダブルコーン2色盛りで、ミルクとブルーベリーをチョイス。ミルクの濃厚さは格別! 疲れた身体に染み渡るようです。旅行で北海道行ったり、渓谷行ったりすると、「牧場の牛乳で作ったアイス」とか「下のわさび田で作ったわさびソフトクリーム」とかが売っていて、「いやー美味しいなぁ、旅行の観光地ならではのグルメだよね」とか思ったりしますが、チャリンコ2時間漕いだくらいでこんな味に辿り着けるとは……。ほかにも、抹茶やチョコなど、いろいろ種類があります。宅急便で届けるサービスもあるようです。

DSC08805

 いやー暑い時期の運動のご褒美としては最高です。

DSC08813

 牧場では、牛や豚などを見学する事も可能。生まれたばかりの豚の赤ちゃん大人気。

DSC08819

DSC08824

 物憂げな牛との邂逅を済ませたら、帰路へ。

 走行距離約80km 所要時間4時間30分 消費1,400kcal

 しっかし、長野で100km走るくらい疲れたような……。荒川CRでの走行は快適ですが、そこにたどり着くまで市街地を走らねばならないのも疲労に影響していそうです。超個人的な疲労感覚ですが、風光明媚な田舎道 100km = 坂は少ないけど信号と交通量の凄い都内の50km という印象。首都高速の空きスペースとかに自転車用レーン作ってくれないかなぁ。