関東のサイクリングロードにイロイロ挑戦する企画を勝手に実行中ですが、今回はあまり時間が無かった事もあり、千葉などの遠出は控えまして、初回で挑戦した多摩サイ(多摩川サイクリングロード)に違ったアプローチで挑戦してみる事にしました。

DSC02523

 いろいろな道を走った結論として、多摩サイはやはり"都心からの近さ”と"走りやすさ”のバランスがとれていると痛感。人気のサイクリングロードになっているのも頷けます。

 前回は立川駅まで輪行してスタート。川の流れに添って二子玉川まで行ったわけですが、今回は逆に上流へと登ってみます。スタート地点はいろいろ考えましたが、先日、新宿までチャリで行けるうんぬん言っていた事もあり、新宿付近から自走で多摩川までアプローチする事に。

 そこでコダワリたいのが、できるだけ車の通りが少なく、平坦で、走りやすい道を使って多摩川に出るにはどうしたらいいのか? という事。246や環七、環八など、交通量の多い道路は近道ですが、走ると気疲れするので避けたいなと。なんか良い道は無いものかと、ナビやGoogle Earthを使って調べていると、荒玉水道道路というのを発見しました。

tama08

 青梅街道は何度か走った事がありますが、高円寺陸橋あたりを起点とした道で、アホみたいに10kmくらい斜め一直線で多摩川へと繋がっています。なんでも、多摩川の水を砧とかを通って、最終的には中野や野方あたりまで引くための荒玉水道の水道管がズズーッと埋められているそうな。なんにせよ、トラックにおののかずにマッタリ走れ、同時に、全日本坂道追放党の構成員ですから激坂に泣かない道であれば大歓迎です。 

DSC02340

 というわけで荒玉水道道路に降臨。

 いやー走りやすいわー……誰もいなくて。緑も程よくあり、実に爽快です。

DSC02346

 基本は住宅街なので、脇道から子供やボールが飛び出してきても大丈夫な、ゆっくりスピードで進行。写真ですと時速100kmくらい出ているように見えますが、実際は下町でたまに見かける、鼻歌まじりでパンツ一丁でふらふらチャリンコ漕いでるオッサン程度のスピードしか出ていません。左の軽自動車もなんか猛スピード出してるみたいですが、実際は停車していますw

 なんか怒られそうでシャッタースピードの話毎回書いてますが、何に怯えているんだ>俺

DSC02354

 実に快調な荒玉水道ですが、気持よく走っていると、時折行く手を阻む駅やら幹線道路などが登場。仕方なく、短く迂回するハメになります。

DSC02363

 車がビュンビュン行き交う世田谷通りや環八などをパスするたび、人気のない道をまったり走るのが性に合っているなぁと実感。まあ大通りを高速巡航するのも気持ち良いですけど、都内の大通りは信号が多く、気持ちが良いレベルまでずっと走れる区間はあまりありません。

DSC02376

 とかなんとかやっているうちに多摩川到着。恐ろしいもので、10km程度はどうとも思わなくなってきました。

DSC02375

 ロマンスカー見ながらあんころもちで糖分補給。うまあま。

 補給したら消費せねばダイエットにはなりません。補って余りあるほどのカロリーを消費すべく、
いざサイクリングロードへ本格ダイナミックエントリー!!(意訳:シャッタースピード低速化)。
おりゃあああああああああああ!!! (※実際はお散歩ペースです)

DSC02515

 1,000キロカロリーが近づいて来た頃、お昼時になり、お腹も空いてきたのでチョロッと多摩川を外れ、聖蹟桜ヶ丘へ寄り道。いつもはラーメンだのB級テラめしのレポばかり上げてますが、たまにはオシャレなカフェで休憩するざます。ヘルシーなハンバーガーをイーティングするざんす。

 え? ハンバーガーじゃいつもと変わらない? ダイエット食じゃない? いや、チーズ入ってないんですよこれ。チーズ。だからヘルシーでノーカンです。あとトマトとかレタス入ってますから。野菜。野菜食えばカロリーオフですから。ゼロカロリー。野菜は反物質でカロリー対消滅しますので。コスモクリーナーみたいなもんです。

DSC02452

DSC02450

 シロップ大量投入したアイスロイヤルミルクティーで落ち着くわ~。え?このカロリー? 上にミントが乗っていて爽やかなのでゼロカロリーです。鑑真和上並に痩せるわー。

tama09

 妄言と昼食を終え、多摩サイに戻っても良いのですが、ここは聖蹟桜ヶ丘。アニオタの端くれとして、やはり「耳をすませば」の巡礼をせずに素通りするのは、この街に対して失礼と言うもの。

seiseki_02

 若かりし頃に車で数回巡礼はしているので、特にいまさらどうという事もないのですが、もちろんこんな場所までチャリンコで来たのは人生初。

 まあ、チャリンコで来たら何がどう変わるというものでも、無いと思いま・・・す・・・・・が・・・・・・・・・

 あれ?

 なんか・・・・

 すっげえ坂が網膜に写ってるんですがなんですかあれ。嘆きの壁か何かですか。

DSC02462

 「坂道だけ走れるなら死ぬまで唐揚げだけでも構わない」が標語の全日本坂道追放党青年決死隊ですので、激坂は見ただけで膝が震えます。そういや車で来た時に、激坂っぷりに驚いた記憶が海馬から発掘されてきた。でも、雫に会いに行くためにはこの坂を登らなければならないわけで……。

 チャリで来たら違う表情どこじゃねえ、
 般若の面だよこの聖地!! 


 行くか?

 行けるのかこの坂を……。

 行ったれ!!

DSC02479

 ちょwwwwww鬼の急勾配とヘアピンカーブのれwwwんwwぞwwwくwww

 あ、足がwww足が取れるwwww
 

 だが今こそ!! いまこそ、愛機・変形型轟天号(別名:DAHON Mu P8)の8段ギアが火を噴く時!! ギアを1まで下げれば、まだまだ行けるハズ!!

 

 あれ
 

もうとっくにギア1だったwwwwwwwwwwwwww


DSC02470

 箱ww根wwwかwwよw

DSC02475

 こんなマッターホルンレベルの階段を、スキップしながら駆け下りていたメンヘライーハトーブ女 雫がかつていたような気がしますが、どういう感覚してんでしょう。こんな階段、降りたら心が折れてもう登って来れねえぞ。

 ハヒハヒ言いながら、なんとかタカマガハラまで到着。興味本位で下界を見下ろしてみると

 なんだこの光景はwwwww

DSC02485

 息を整えつつ、とりあえず地球屋の前のロータリーへ。

DSC02488

DSC02489

 地球屋そのものはありませんが、流れている静かな時間と雰囲気は作品そのまま。都会のオアシスとはこのことですな。

 あーつかれた……。までも、自分の足でここまで来れると、舞台地への感慨もひとしお。車で通りすぎてしまうと、周囲の景色や雰囲気をジックリ楽しむ事はできませんが、自転車では濃厚な時間を過ごす事ができます。濃厚過ぎるのも問題ですが。

 それに、帰りは嬉しい下り坂のご褒美が

DSC02502

 わーい

DSC02494

 あああばあばばばばばあばばば
 ちょwwおょwww しwwwぬ


 こええええええええしぬしんのさういさsじゃじょ


DSC02499

 意識を取り戻すと、聖司と雫が最後にキャッキャウフフしていたと思わしき丘陵に到着。どうやらコケずに済んだようです。

 そういえばその昔、「聖司がラストシーンで雫に抱きついた時、腰が引けてるのは、下腹部のジョニーデップがエレクトリカルパレードしていたからだ」と熱弁していた友人がおりましたが、今の私ならわかる。あれはだね、サドルのセッティングが煮詰まってないクロスバイクで雫乗せたままこんな激坂を登り降りしたことで尿道が圧迫されてゴールデンボンバー周辺の感覚がナッシングになって本人の意志とは無関係にへっぴり腰だったんだよ間違いない。エル・◯ンターレ様が近藤◯文監督を降霊したらぜひ質問して欲しいです。

 結局そのあと国立まで行って輪行して帰りました。国立チョイスに意味はありません。以前の起点が立川だったので、隣の駅にしただけです。

 今回の総距離:約40km/1,300キロカロリー

tama10