昔あった(今もありますが)コーエーの「大航海時代 Online」。ちとプレイするのに時間はかかるネトゲでしたが、良いゲームでした。敵をタゲって棒立ちで殴り合いってクエストをこなすだけ、オートランで何日も走り続けられる非実在MMORPGが乱造される中、派手なバトルはありませんが、長距離移動には食材や日数がかかり、備えがなければ”死ぬ”という、ほんとうの意味での”冒険”がシステムとして必然的に楽しめるゲームデザインの妙がありました。

011

 まったく内容違いますがそんな思い出に浸りたくなる、海洋ネトゲの新作「NAVYFIELD2」のオープンβがスタートしています。御存知の通りミリオタこじらせているのでさっそくプレイ。所属は英国軍にも惹かれますが、やはり大和や武蔵を操舵してロスケと米帝蹴散らしてみたいので日本をチョイス。

 愛読する「女皇の帝国」から内親王那子様のお名前を拝借。当然誰かにとられていると覚悟していましたが、すんなりキャラ作成完了。こんなマニアゲー、その手のやつ以外やらんと思いますが不思議。ついでに女子高生・山本五十六とか、日瑠子猊下とかリリー・リトヴァクとかもとっときましょうか。

a4%20poster%20rgb%20c%20h640

001

 キャラフェイス選択画面。女性キャラに漂う凄まじいアイコラ臭

002

003

 俯瞰視点で移動位置を指定……RTSに見えますが、多数のユニットに指示を出していくわけではなく、自分の戦艦だけで、他のプレーヤーと共に戦っていく……なんといますか、RTS風アクションゲームといった感じ。ぶっちゃけスクショや動画を見ていると、艦隊戦なのでモッサリした印象を受けると思います。

006

 ただ、実際にやってみるとこれが恐ろしく忙しい。広いマップを見て、どの島を守るか、どこに行くかを決めて、行き先を指定するのが基本ですが、敵の位置やこちらに向かってくる魚雷の回避、敵の位置どり、敵に対しての自分の向き、砲塔の向きなど、絶えずあれこれ操作・判断しなければなりません。

 010 

 車や兵士と違って急ブレーキも急ハンドルもできず、かといって止まっていたら単なる”マト”同然。砲撃も、着弾までに時間がかかるため、自分の動きを踏まえつつ、相手の移動先を予測して撃ち込んで初めて当たるという塩梅。敵を撃沈することばかり熱中していると、いつのまにか孤立して四方八方からタコ殴りにされたり、機雷や魚雷の雨の中に突っ込んでいた……なんてことも。

007

009

 ひどい時には、砲撃にばかり夢中になって島に突っ込んで抜けなくなり、バックして引っこ抜こうともがいている間にキングス弁抜かれて轟沈など、おバカな醜態をさらす事もたびたび。常に大局を見つつ、局所的な判断もこなし、その積み重ねとして大局も自らコントロールしていくというような……"艦長に求められる資質”みたいなものが感じられるゲームです。

005 

 ぶっちゃけ派手さは少なく、ドックで装甲いじってニンマリするミリオタ以外にオススメしにくいですが、こういう独特のスピード感、静かな緊迫感のあるネトゲもたまには面白いかなと。アクションは苦手で、頭を使いたいって人には良いと思います。

 すこし慣れてきたので、夏こそ大和ホテルに乗ろうとドックで値段みたらぶったまげましたが。こんなの買える気がしねぇ。

NF2SS_2012-08-04_18h54m30s

 なお、プログラムがまだこなれておらず、クライアントはやや不安定。ランタイムエラー等が頻発して、数回ゲームすると落ちたりすることも。ロビーにも人が多いとは言えず、オープンβが始まったばかりにも関わらず”お祭り”感も薄いです。人を選びまくるゲームではありますが、こういうタイプの作品が息長く楽しまれていく土壌みたいなものってネトゲ全体にとっては大事なんじゃないかなぁと。もう少し盛り上がって欲しいゲームです。

008