「ロボティスクやるんで帰ります」、「オレも」で成立する職場(編集部)で主に仕事をしておりますが、ネトゲ好きの小生としては我慢して、「機動戦士ガンダム バトルオペレーション」に挑戦しないわけにはいきません。28日にサービス開始、PS3用の基本無料ネトゲ、多人数バトル、しかもガンダムという事で、かなり話題になっとります。

gdam01

 話題の作品のくせに、ファイルサイズが小さいので嫌な予感がしますが、ネトゲなんで軽くしてあるんでしょう。ボリュームが軽いと困りますが

gdam02

 日笠陽子のオペレーターボイスを聴き流しながら、ISの今後について想いを巡らせていると、登場するモビルスーツが見られる画面に。先行登録をしておくと、MSが何体か余計に貰えるという奴に登録していたはずですが、下の2体がそれのようです。とりあえず何もわからないので、オペレーターの指示通りに進みます。

gdam03

 DL専用ネトゲなので、当然説明書なども無く、ローディング画面に操作方法が表示されます。「えーと、移動は左ステイックで、照準は……」とやっている間に画面終了。

gdam04

 なんもわからないまま、対戦ルームへと放り込まれます。バトルは最大で 6 VS 6の12人対戦。まあ、コンシューマゲーなんでこんなもんでしょう。

gdam05

 このゲームの課金方法はユニーク。戦場で戦うためには「出撃エネルギー」が必要なのですが、それが2時間に1つしか回復しないという鬼仕様。しかもエネルギーは最大3個までしか保持できず、「何度もプレイしたい人は課金してね♪」方式。

 基本無料のネトゲは紆余曲折を経て、「基本無料で普通のプレイはできるけど、課金すると面倒な作業を軽減できたり、他人より有利な武器防具等でプレイできる」という地点に落ち着いたわけですが、そうした先達の経験をガン無視した姿勢は清々しくもあります。

gdam06

 チュートリアルすらねえのかよwwwwwwwww

 3回しか出撃できず、1戦1戦、大切に戦わなければならないシステムにもかかわらず、その貴重な1戦を消費させ、操作方法も、ルールもおぼつかない新兵をいきなり実戦に送り込む鬼軍曹仕様。

 さらに、オペレーターの説明文を読んでいると、ゲーム部屋で出撃スタンバイを待っている他のプレーヤーから「こいつボーっとして、いつまでたってもスタンバイボタン押さねえじゃねえか」と判断され、部屋からキックされるという素敵仕様もオマケ。無料ネトゲなので文句も言えませんが、フルプライスのパッケージゲームなら平手打ちされてもおかしくない手抜きっぷりです。

gdam07

 ちょww まwwwwwww
 当然ながら、どのボタンがどの武器すらおぼつかない新兵など、単なるカモ。瞬殺です。

gdam08

 気を取り直して歩兵で再出撃。モビルスーツがぶつかり合う戦場に、生身の人間として参戦するのは恐ろしくも新鮮で、ワクワクします。鉄の駻馬に火を入れろ!! 気分はもう908機動偵察第二小隊所属のクラウン曹長。「ああん!? 連邦の白い悪魔? 昨日潜入してC4で粉微塵にしてやりましたよ」。CP最高。ギニャー!!

gdam09

  クラウン曹長即死!!!
うっうぇwwモビルスーツこええwwwww 


gdam11

 6 VS 6と人数が少ないので、あんまり馬鹿をやっていると申し訳なくなり、味方の慣れてるっぽい人の後ろで金魚のフン化。このあたりで、Wikiでも真面目に読んでからやれば良かったと後悔。スティックでの照準ややりにくく、そういえば昔買ったPS3用のワイヤレスマウスがあったなぁなどと思っているとジムに三枚おろしにされておりました。

gdam10

 まあ、慣れればそこそこおもしろいのかもしれませんが、マップの規模や、バトル人数、動きのモッサリ具合などを見るに、「もうちょっと特徴が欲しいかなぁ」というのが正直なところ。……まあ、あっさり見限らず、もう少しやってみます。

 それにしても、以前ベータテストに参加したと書いた「ガンダムオンライン」と同時期に、 バンダイナムコオンラインとバンダイナムコゲームスが似たような別の作品を出すというのは理解に苦しみます。1つに統一して、BF3のように「PC版は24人対戦」、「PS3版は12人対戦」とかにすれば良かったのでは……。

 あと「戦場の絆」のようなレベルを期待している人もいるかもしれませんが、だいぶ違いますw

gdam12

© 創通・サンライズ

 追伸。リモートプレイ不可でした。

gdam13