bf3_01

泣く子も黙る「Battlefield 3」が遂に上陸しました。
仕事が吐くほど忙しい最中ですが、半分寝ながらインストしました。

本命のコンクエストモードができない、糞マップをデモに選ぶな等々
いろいろ言われているようですが、とりあえず
「自分のPCでまともに動くのか?」
「あの異常なまでのグラフィッククオリティは本当なのか?」
を知るには十分でしょう。

bf3_05

私の化石PCでは、片鱗が垣間見える程度ですが
まさに絶句レベルのグラフィック。

殺された後に、自分を倒した敵兵の顔がアップになるのですが
まつげや、ヒゲの剃り残しまで見えそうです。

bf3_07


bf3_02

bf3_03

中身がどうこう言えるほどプレイできませんでしたが、
小隊長が簡易リスポンポイントの機能を持ち、死んで前線でふんばってる
仲間のすぐそばに復帰できる機能や、「アパーム!!」こと銃弾補給役の裏方仕事、
まだ温かい味方の死体なら、ショックパドルで心臓を動かし、蘇生できる
メディックキリスト説など、プレイしていると「ああー バトルフィールドだわこれ」
と、懐かしくなってきます。
「サカタハルミジャン」が聞こえないのが寂しいですが、今後のマップではもしかして??

bf3_04

細部のグラフィックにばかり目を奪われますが、素晴らしいのが空気感。
遠方がガスっていて見えにくかったり、太陽の方向で空気の輝度が変化する
様子など、現実世界さながらの現象が再現されており、遠くの建物が、
本当に遠くにあるように感じられます。

bf3_06

そして驚いたのが“音”。
残響、反響が非常に細かく丁寧で、銃弾が土にめり込むくぐもった音や
木の枝や葉をかすめる「ピシッ、パシッ」という乾いた音、
地面に伏せているときに遠くから聞こえる仲間の悲鳴など、尿漏れしそうです。
地下鉄部分の残響はちょっとやりすぎ感もありますが、まあ派手で良いかなと。

bf3_08

私の化石PCでFPSを計測してみたところ、全てLOW設定で20fps
ウルトラハイ設定では8fpsとか12fpsとか、ワンセグ放送にも劣るフレームレートが出て爆笑。
無理矢理プレイしてみましたが、10分で頭痛→15分で嘔吐→18分で土下座でした。

新PCで出直してきます。

狭いマップで打ち合いが丁寧なAVAと
広いマップで大雑把なBF3
息抜きにゲラゲラ笑いながらプレイするには良いゲームのようです。