駅から徒歩約5分、秋葉原の外れ。
下町らしい中小企業や倉庫が立ち並ぶ閑散とした道の角に、
昔ながらのラーメンを出す店がある。名前は「青島食堂」。
なんでも、新潟の有名店の、秋葉原支店だそうだ。

14

大盛りラーメンと、麺増しボタンの違いが不明で、
初心者をいたずらに困惑させる券売機をクリアし(結論・適当でいい)、
食券を見せるという店員との必要最低限のコミュニケーションを経て
運ばれてくるのが、確かに昔ながらの醤油ラーメン。

15

関東の蕎麦屋を彷彿とさせる濃い醤油味だが、生姜の隠し味がクドさを低減している。
そういえば、店前に「生姜醤油ラーメン」と書いてあった。
昨今流行りの魚介系ダシとは異なる方向性で、よく言えばシンプル、悪く言えばヒネリが無い。

16

麺はやわらかめで、主張が少ない。
ぼんわりした醤油味のスープを吸込み、ぼんわりと膨張し、ぼんわりと醤油色に染まる。

だが、チャーシューは絶品。
油の多いチャーシューを、あえて細切れにして散らすことで、
ぼんやりした麺とスープに、アクセントを加えている。
チャーシュー多めを注文し、麺+スープと共に口に運ぶのが正しいスタイルなのだろう。

だが個人的には
「大学の学食で、おばちゃんが作った醤油ラーメンに、おばちゃんがうっかり醤油を
入れすぎたので、生姜汁を入れて薄めたのでこれでいいでしょ味」と結論づけたい。

ラーメンは私にとって過去の食べ物ではない。
ノスタルジーに浸るのにはまだはやいようだ。

17
 
それにしても、ラーメンより店構えのインパクトの方が凄い。

半開きのシャッターが入り口で、
掲げられた看板は、濃い青地に黒いフォントという見にくさ。
行列が無ければ単なる倉庫の一角にしか見えない。

「店構えなんてどうでもいい」というメッセージがヒシヒシと伝わるので
さぞや頑固親父が出迎え、怒鳴りつけられながらラーメンをすするのかと身構えたが
低姿勢な、感じの良いおじさんがテキパキとラーメンを作ってくれた。
総じて方向性が定まっていない印象を受けた。