DSC01677

 登り切るまでのタイムを競うような事は基本的にしない私。それゆえ、私の“走力”を客観的に数値化する事は困難です。このブログの右上にある(PC版のみ)「血の味ランキング」も極めて主観的な評価で、客観性は皆無です。

 しかし、斜度の数値に注意してみると、一定の法則のようなものは存在します。例えば以下の様な感じです。

  • 5~6% 誰かと喋りながらクリアしていける普通の坂道
  • 9~10% キツイ坂道で顔をしかめる
  • 11~14% 聞いてない、死ぬ、などの泣き言が増える
  • 15~20% 殺される
  • 20~23% 最終決戦
  • 24%~ ダンシング封印解除、そして昇天

 このような“斜度に対する感じ方”は、どんなヒルクラポイントに出かけたレポートであっても、大きな違いはありません。

 それゆえ私は、こうした“斜度に対する感じ方”がずっと昔から、つまりロードに乗り始めた頃から同じなのだと思い込んでいました。昨日までは……。

DSC01580
続きを読む