Hangame SPECIALFORCE

画像1 画像2 画像3 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11

しおいんですけど

ネトゲやPS4、PS Vita、自転車などを楽しむクランメンバーによる合同ブログ。AVA、BF4など、広く浅く楽しみます。さらに、6番目の味覚“しおい”を探求するグルメサイトと、ニーソや絶対領域を探求する求道者の隔離病棟も兼ねています。自分でも何を言っているのかわかりません。基本読まないでください。

2015年09月

久しぶりの登場、小径車(轟天号ミニ)のタイヤを刷新する

ブログネタ
ロードバイク に参加中!
DSC09784

 ロードバイクに乗ってばかりですっかり影が薄くなった小径車ですが、まだ家にちゃんとあります。たまに近場をウロウロする時など、ママチャリ代わりに使っています。少しの遠出、20~40km程度のライドであれば、これでも十分こなせるでしょう。40kmを少しの遠出とか言っている時点で距離感がぶっ壊れていますけれど。

 サドルを上げればペダリングもしやすく、平地であれば25km程度の巡航は可能です。ただやはり、安定性や長距離時の楽さ、何より走っている時の気持ちよさではロードには敵いません。ロードバイクを買う前は「同じ自転車なんだからたいして変わらないだろ、こっちの方が小さくて輪行もしやすそうだし」とか考えていましたが、どエライ違いがあるのはやはりロードに乗ってみないとわからないもんで....。結果的にロードばかりに乗るようになってしまっています(スポーツ自転車でクロスや小径、ロードで迷っている人は問答無用でロードがオススメですコレホント)。

 恐らくこの小径車も、ホイールを変えたりパーツを変えて軽量化していけば今の次元を超えた走りが可能になるのだと思いますが、その世界向けには既にロードがあるので、のんびり街中を走るための自転車と割りきって、今後も愛用していこうと思っています。

 コミックスの「ろんぐらいだぁす!」2巻に、小径車を買ったばかりの亜美が、重ねてロードを買うなんてと躊躇していたところ、ひなこが「用途にあった自転車を買うのは自然なことだ」と諭すシーンがありますが、まさにその通り。長靴を買ったから、銀座にも登山にもビーチにも全部長靴で行こうとする人はいないわけで、自転車が増えていくのは極めて自然な事なのです。

DSC09990

 それはさておき、たまにしか乗らない小径車(轟天号ミニ)も、買った時からついているタイヤがさすがにボロボロになってきました。距離的にボロボロというよりも、自然劣化でボロボロという印象。割り切り用途はさておき、メンテ不足の自転車にまたがるのは、自転車乗り失格。轟天号ミニのために、新しいタイヤをポチってみました。

 Panaracerの「パセラ コンパクト」(20x1.50)ってのを選んでみました。理由? 赤かったから。

DSC09989

 感想: あか~い! (・∀・)

DSC09986

 赤すぎたwwww

 派手すぎて街中乗りにくいwwwww





 

安いLEDバンドをヘルメットの後ろに装着してみる


DSC00040

 貧脚ゆえ、人の後ろを走る事が多い私のロードバイクライフ。ペダリングを眺めたり、サドルバッグを眺めたり、ラチェット音に耳を傾けたりと、たのしい一時ですが、夜になるとまた別の意味で興味深い時間となります。

 ナイトライド時にローディーを視認するための装置は言わずもがな、尾灯。私は普通の尾灯に加え、ファイバーフレアライトをつけていますが、ナイトライドで最後尾を走っていると、誰の、どんなライトが明るいか? 背後から存在に気づきやすいかというのがよくわかります。

 「あの人のライトすげえよく見えるなぁ」と思うと、そのライトが気になってしまい、信号で停まった時なんかに「○○さんのライト、スゲエ良いねコレ。どこのメーカー?」とか聞きながらメモ代わりに写真をパチリ。家に帰ってAmazonをポチリ……そんなような事を繰り返して装備がブラッシュアップされていくわけです。

DSC00732

 そんな中、以前から気になっていたのがゆっけさんの装備。日が暮れると、彼のヘルメットの後ろが、ボワーっと赤く光るのです。強烈な尾灯ではなく、淡い、にじむような光。しかし、ヘルメットという高い位置に存在するので、後ろを走っているとその光がとても目立ちます。

 「トラックとか、視点が高い車のドライバーから、この光は見つけやすそうだなぁーいいなぁー」と思い、どこで買ったのか聞いてみると、「なんかAmazonで売ってたやつですよ、安いやつ」という詳細な情報が。

 神のごときレベルにまで高まった私の検索スキルを併用する事で商品を探してみると、どうやらGENTOSの「LEDセーフティバンド」というモノらしいです。

DSC09958

 2種類タイプがあり、ボタン電池を使うものと、バッテリ内蔵でUSB充電するタイプがある模様。ボタン電池は面倒なので、USB充電タイプをポチってみました。

DSC09959

 仕組みとしてはファイバーフレアライトと似たようなもので、LEDが両端に埋め込まれ、その光を柔らかい導光板に通しているような感じです。ボタンを押すと点灯、点滅が切り替えられ、光の色も赤、青、緑から選べます。

DSC09961

DSC09962

DSC09967

 USB充電端子はこんな感じ。

DSC09969

 こんなようなバンドが付属していて、両端に装着する事で、腕輪のようにできます。当たり前ですが、ヘルメット用製品というわけではなく、腕などに装着してランニングで使うイメージ。

 ただ、バンド部分の固定力が弱く、ビシッと短く引き締められないのでコレでランニングするとズルズルずり落ちそうな気が……

DSC09971

DSC09974

 ただ、ヘルメットの場合は、メットの穴に通して輪っかを作ってしまえば、ずり落ちる事はないので特に問題はありません。念のため、バンドとライトを固定する際は、固定が外れる爪の側を、上に持ってくるようにすると良いでしょう(振動でライトとバンドが外れることがないので)。

DSC09975

DSC00039

DSC00038

 光の面積が多いのでなかなかカッコイイ。値段も安いので、ナイトライドが多い人には良いかもしれません。






貧脚に優しい坂を求めて近所編:ランド坂は意外にキツイ

ブログネタ
ロードバイク に参加中!
DSC09296

※お知らせ※
 頂いたコメントによると、この坂はランド坂ではなく”よみうりV通り”、正しいランド坂は旧道の方らしいです。いつか改めてレポートします(^^; 

 多摩川サイクリングロードを含む、多摩地区にある坂。最も有名なのは、耳すまの舞台地でもある聖蹟桜ヶ丘のいろは坂でしょう。ツライと思った頃に終わる適度な短さ、人の少なさ、眺望の良さなどが、コンパクトにまとまった印象です。このブログではこれまで、ミニベロ時代と、ロードになってからと、2回レポートしています。

 他にも、聖蹟桜ヶ丘から尾根幹の矢野口方面に向かおうとすると必然的に通る事になり、「これがそうだと気づかずに挑んでいた」でお馴染み、蓮光寺坂。住宅街の奥に突如として現れる激烈な坂の百草園など、小粒ではありますが、ユニークな坂が各所に点在しています。以前は、それらの坂をつまみ食いしてまわるライドなんかも行ないました。

DSC09284

 そんな中、いろは坂にも匹敵する知名度を持ちながら、私が挑んだことがない坂があります。その名はランド坂。え、行ったことなかったの? と言われそうですが、なんとなく機会が無くて……。坂との邂逅は、1つの縁のようなものかもしれません。

 ランド坂……なんとも妙な名前ですが、由来を知れば納得。京王相模原線の「京王よみうりランド駅」から、よみうりランドに行くまでの坂道だから、ランド坂と呼ばれているそうです。ちなみに、ランド坂上には、読売ジャイアンツ球場も併設されているので「ジャイアンツ坂」と呼んでいる人もいるのだとか。場所がイマイチわからないという人は、スマホのナビに「京王よみうりランド駅」と入れればOK。「読売ランド前駅」という別の駅もあるので要注意です。



DSC09288

 多摩地区を把握しているローディーにわかりやすい説明としては、尾根幹に行く時の矢野口とスタート地点は同じ。尾根幹はそのまま西へと道路が続いていますが、そこには行かず、大きなauショップ稲城矢野口店を左折……そのまま進んでいけば電車にぶつかり、そこが「京王よみうりランド駅」です。

 ちなみに左折するとすぐ、観覧車が遠くに見えます。あれがたぶんよみうりランドですな。

 注目すべきは、よみうりランドがちょっとした山の上にある事。登らにゃアカン感がここからでも伝わってきます。

DSC09291

DSC09300

 こちらが「京王よみうりランド駅」。まあ、何の変哲もない駅ですが……駅前の道路の先に目をやると……

DSC09292

 なんだこれwwww

DSC09294

 周囲は完全に住宅街。その一角に、峠への山道をハメ込んだような不思議な景色。ここだけ切り抜いたら、奥多摩あたりの風景と言っても騙されそうです。

 ちなみに、アニメに詳しい人は昨年11月に公開された「日本アニメーター見本市」の中の「HILL CLIMB GIRL」という作品を見たことがあるかもしれません(以前は無料でネット上で見られましたが、現在は残念ながら公開終了)。

mkv_000281860
 『HILL CLIMB GIRL』(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP (C)スタジオカラー

 生粋のローディーである谷東監督のインタビューによれば、この作品でヒルクライムガールこと、女子高生のひなこが、チームスカイジャージ+DOGMAで駆け上がっていた坂こそ、このランド坂がモデルだそうです(正確には蓮光寺+ランド坂)。

mkv_000286308
 『HILL CLIMB GIRL』(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP (C)スタジオカラー

 そう言われてみると、確かに道路の段差舗装にアニメの面影があります。

mkv_000234192
 『HILL CLIMB GIRL』(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP (C)スタジオカラー

mkv_000327648
 『HILL CLIMB GIRL』(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP (C)スタジオカラー

m2t_000017017

 アニメはさておき、逝ってみましょう。

 臨場感が欲しいという人は、動画でどうぞ。




m2t_000028028

 序盤はフツーの坂道。斜度は5%程度でしょうか、楽勝ではありませんが、ゼーハー言って登るほどキツくはない感じ。特筆すべきは直線が長いので、心理的なダメージがある事でしょうか。

 また、斜度的に楽なのでついつい踏んでしまい、身の丈以上のスピードでヒルクラしてしまいがちになるのが怖いところ。どうして怖いのかは、右カーブが現れた頃にわかります。

m2t_000061061

 結構キツイwwww (;´∀`)

 大きな右カーブにさしかかると、斜度は10%程度までアップ。部分的には10%を越えているようです。序盤にハッスルし過ぎて無酸素運動でここまで来ると、一気にツケを払うことになり、ガクンとスピードが落ちます。

 柄にもない頑張りはやめて、いつもの省力登坂に切り替えます。

m2t_000080461

 10%オーバーのカーブを抜けると、あまり斜度が落ちないまま、ズーッとジャイアンツ球場まで坂が続いています。気をつけないとここでゲンナリして心がポキッと逝きかねません。見通しが良いので、回してもあまり進んでいないように感じてしまうのも嫌らしいところ。

 例えば大弛峠など、10%オーバーの登りがエンドレスで続くようなヒルクラスポットに挑む前に、こんな場所でペースに作り方というか、キツくても一定時間我慢する方法みたいなものを練習するには良い場所かもしれません。

m2t_000110593

 とかなんとか考えていると、ジャイアンツ球場の駐車場が左手に。しかし、ここで終わりではなく、まだ坂道は少し続いています。この、終わりそうでなかなか終わらないトコロも、ランド坂の特徴。「あそこできっと終わりだー」と、無意味にハッスルして違った時のダメージはデカイので、やはり無表情でダラダラ登るのが得策です。

DSC09306

 ランド坂 血の味指数 3.6

 いろは坂(2.7)より斜度がキツイので数値はやや高め、物見山(4)と似たような感じでしょうか。完全になめてかかっていましたが、なかなか良い運動になりました。

DSC09303

 頂上からの見晴らしは……

 まあ、高いところに登ってきたんだなぁという感じは味わえます。

DSC09301

 路面は綺麗なのでダウンヒルは快適。ただ、車もたまに通るので、スピードの出しすぎには要注意!

 
【血の味ランキング】

29
大弛峠※激坂十傑集
28.5 乗鞍ループ※激坂十傑集
28 風張林道※四天坂
27 箱根ループ※激坂十傑集
24 渋峠・毛無峠※激坂十傑集
22 埼玉のラルプ・デュエズ
21 乗鞍※激坂十傑集
20.5 子ノ権現※四天坂
20 有間峠/白石峠
19 苦労坂(東都飯能CCの激坂)
19 成木峠
18.9 鋸山林道
18.3 和田峠※四天坂
18 渋峠※激坂十傑集
18
榛名山
12 鶴峠(全区間)
11.8 都民の森※四天坂
11 風張峠(奥多摩周遊道路)
10 ヤビツ峠
9.6 仁田山峠
9.5 牧馬峠
9.2 梅ノ木峠
8 入山峠/碓氷峠/不動峠
8 山伏峠
8 雨降林道
7.5 名栗湖坂/龍崖山脇
7 鶴峠(甲武トンネルまで)
7 穴川林道
6.2 裏尾根幹
6 梅ヶ谷峠
4 大垂水峠
4 物見山
2.7 いろは坂/亜美ちゃん坂
1 東村山のラルプ・デュエズ
敗退 鳥居観音
敗退 奥武蔵グリーンライン

【短距離激坂集】
程久保の激坂/ガスト坂/百草園/別所坂

カテゴリ別記事リンク
BF3関係の話題

自転車乗り向け漫画紹介

ロードバイク撮影の話題

カメラ関係の話題

ロードで長野県まで行けるか!? なつまちライド

ランドヌールへの道

多摩湖CRを超え、秩父めんま化ライド

チャリで木崎湖への道 ~AACR 120kmに挑戦


しおいグルメ

ハードウェアの話題

アヴァ子ちゃんの躁鬱

カテゴリ別アーカイブ




クランメンバー(現在3人)
:HELL_HOUND_No9
:hell.hound9
:HELL_HOUND_No9
:HELL_HOUND_No9
自転車/アニメ/カメラ/ゲーム/オーディオ好き。名刺の肩書きは編集・記者で時折カメラマン。愛機D3/α7/RX100M3他。 愛車PINARELLO ROKH/DAHON MuP8。インナーロー教団主祭神 兼 生贄のピザ豚

:morrissey48
:stillill48
売りスレからAVAに最近リハウスしてきた。趣味はドッグタグ収集と戦車の真後ろで野グソ。退役JSです。職業は売春婦です。のんれす

:Vrinks526



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:





記事検索

生理学的味覚である甘味、酸味、塩味、苦味、うま味に続き、新たに発見された第6の感覚。解明が進んでいないが、クランメンバーは唯一その絶対量を正確に判断する舌を持っている。唐揚げやラーメン、タルタルソース、フリトレーの菓子、粉チーズなどに多く含まれているが、塩分過多を示す感覚ではなく、ひらがな表記となる。また、「しおいんですけど」は否定的な意味ではなく、「シェフを呼べ」を上回る現代ブサイク食界で最上級に値する賛辞を意味する。唯一拒否反応を示すのは脂肪肝ぎみの肝臓だが、内蔵の悲鳴を黙殺して箸を進めざるおえない“背徳的かつ圧倒的な味覚の快楽”が、現状最も適した説明である。「しおいんですけど」に続く言葉の意味は、その味覚に目覚めた者しか知る事はできない。たまにネトゲ「AVA」をプレイしています。

【免責事項】
クランメンバーは本Webサイト上のコンテンツの内容について保証するものではなく、一切の責任を負い兼ねます。本Webサイトは情報提供を目的として運営しており、その他の目的を意図するものではありません。また、理由の如何に関わらず、情報の変更及び本Webサイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。本規定は利用者の事前承諾を得ることなく変更できるものとします。
動画のBGMにはフリーBGM DOVA-SYNDROME様のライブラリを使用しています
newone3