Hangame SPECIALFORCE

画像1 画像2 画像3 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11

しおいんですけど

ネトゲやPS4、PS Vita、自転車などを楽しむクランメンバーによる合同ブログ。AVA、BF4など、広く浅く楽しみます。さらに、6番目の味覚“しおい”を探求するグルメサイトと、ニーソや絶対領域を探求する求道者の隔離病棟も兼ねています。自分でも何を言っているのかわかりません。基本読まないでください。

2015年04月

「坂はもう無いから」、ローディーがウソをつく仕組みがついに解明される

ブログネタ
ロードバイク に参加中!
DSC00332

 (※まとめ動画は時間がとれたら掲載するかもしれません)

 生まれて初めての本格的なヒルクライムは「都民の森」。難易度が初心者向けかどうかも知らないまま、たった1人で挑んでコテンパンに。それがトラウマになり、一時は坂から逃げまわって、200kmも走った事がないのに「ロングライド派」を気取り、サイクリングロードばかりを走ってお茶を濁していました。

 その後、へまさんに「田舎っぽい景色の良いコースがあるよ」と言われて裏尾根幹や城山湖に連れていかれ、行ってみたら坂だらけ。「話が違う」と泣き叫びながらも、これらをなんとか試行錯誤でクリア。

 こうした、へまさん特有の“ソフトな感じでキルゾーン”な坂練習、初期はゆっこさんも巻き込まれていましたが、その後、知らない間に“俺とゆっけさんがへまさんの地獄ツアーに参加する”という図式が構築。

 その後も様々な坂に挑んだ結果、激遅登坂&スタミナ切れで帰路は輪行逃亡のクセに、「獲得標高2,000mなら、休みながら行けば脚付きなしでイケるよ」などと小生意気な事を言うアホが爆誕。今に至るのはご承知の通りです。

 とどのつまり、“登れる先生に、出来の悪い生徒が泣きながらついていく”、“こんな坂があるなんて聞いていない”と叫ぶパターン。貧脚代表の私が、過酷な目に遭うという巻き込まれ構図の物語と言いかえる事ができます。

DSC00005

 しかし、今日は様子が違います。

DSC00006

e3e05b84
おかしい……俺の写真に、誰の背中も写っていない。“ロードバイクで出かけているよ”という写真ではなく、単なる道路の写真だ……これはどういうことだ?

 先行グループにちぎられたのではありません。今回のライドはなんと!! 私が先頭で牽いているのです。

 
続きを読む

あなたはまだ本当の都民の森を知らない? 鶴峠&風張峠2,000m登坂ライド!

ブログネタ
ロードバイク に参加中!

DSC09637

 前回までのあらすじ

 ハルヒルコースの試走で、インナーロー教団の手抜きやり過ごし登坂スタイルが通用する事を証明したへるはん。自らの登坂スタイルに自信を持ち、これで苦手な登坂訓練は終了。あとは下り坂と平地のみ、サイクルカフェを巡るポタリング中心の静かな暮らしを過ごすだけとなった。

 しかし、へるはんは
知る由もな
かった。その背後に、過去の亡霊が襲いかかろうとしている事に……。


 【↓ダイジェスト動画はこちら↓】
 (読了後再生推奨/画質は720/60p、1080/60pがオススメです)



DSC05733

 私が一時期「ラスボスだラスボスだ」と騒いでいた都民の森。奥多摩を代表するヒルクラポイントですが、今となってはもっと恐ろしい敵がそこらじゅうにいた事が判明。血の味指数も10ポイント台後半が珍しくなくなり、私の脳内フォルダで都民の森は「過去の坂」に押し込まれています。

 ただ、さらに強烈な斜度の坂に挑んだ経験ができたからと言って、都民の森の標高が半分になったわけではありません。約1,000mという東京近郊では高い標高、そして20数キロに及ぶ長いアップダウン、ボロボロになりながら辿り着いた挑戦者の心を叩き折る、旧料金所からの鬼のラスト区間など、恐ろしい坂である事には変わりありません。

 今年の2月、ヨロヨロになりながらも脚付き無しでクリアしたというだけで、慌てて「過去坂」フォルダに突っ込んだのは、「できれば二度と対決したくない」という弱い心の現れにほかなりません。

名称未設定2

 一方、以前も書いたように、山には表と裏があります。私が「ラスボスだ」と騒いでいる都民の森も、表から登るか、裏から登るかという問題があります。私が今まで「都民の森」と呼んでいるヒルクラコースは太平洋側、武蔵五日市駅から都民の森へと登っていくルート。当然、その反対側、日本海側には“裏都民の森”というべき坂道が存在します。しかし、都民の森の場合、ちょっと構造が複雑です。

 実を言うと、都民の森は山のてっぺんではありません。標高は約1,000mですが、そのさらに上の世界、1,140mほどまで山は続いています。都民の森は登山道の入り口施設の名前であり、山頂のちょっと手前に存在します。道路としてはさらに山の上まで続いているわけです。

名称未設定4

名称未設定 3

 その道路を最後まで登り切った場所を“風張峠”(奥多摩周遊道路)と呼びます。つまり、坂道のてっぺっんまでを100とした場合、90くらいまでを「都民の森の坂」、残りの10くらいを「風張峠」と言うわけです。裏側の100も風張峠(奥多摩周遊道路)と呼ぶようです。

名称未設定 1

 つまり私は、都民の森まで制覇はしましたが、その先の風張峠には行ったことがありません。ガクガクと笑う膝を隠しながら「ほ、ほら、あれでしょ? 都民の森まで登れば、あとはもうオマケみたいなもんだから、いいよ行かなくて。それよかお汁粉食おうぜお汁粉」話題を逸らしながら今まで生きてきたわけです。

 そんな折、インナーロー教団で「風張峠に行ってみるのはどうか」という話に。日本語に翻訳すると「都民の森+α行こうぜ」となります。当然「ほ、ほら、あれでしょ? 都民の森はクリアした過去の坂だからもう一回登ってもつまらないでしょ? 行かなくていいよ」と抵抗。

 これで挑まずに済むハズでしたが、茶川探検隊の坂ウイルス保持者達によると「都民の森」を登らなくても、風張峠に挑む事はできるのだそうな。ちっ……余計な知識を……。

e3e05b84具体的にはどうやって行くの?



OK-NBhMo風張林道というのが



e3e05b84やああああああめてえええええええええええ



続きを読む

ロードに乗る前と後には、茶色の粉(合法)を摂取すべし

ブログネタ
ロードバイク に参加中!

DSC05361

 スポーツマンと真逆の生命体であるにも関わらず、土日にほぼ毎週、ヒルクラ的な事をしていると、「疲れて週明けの仕事がロクにできなくなるんじゃないの?」と心配されます。けれど、心配ご無用。今日は元気になる粉(合法)のお話です。

 DSC06570

 インナーローでノロノロではあるものの、ヒルクライム風の事をしていると、驚愕する事があります。それは“短い距離でも無茶苦茶疲れる”という事。
 
 当たり前の話ではありますが、ヒルクライムは高い場所に向かって登っていく行為なので、横方向に何km進んだというのは二の次。例えば、輪行で山のふもとまでワープして、そこから登坂を開始。600m、700mという峠を登って、ヘトヘトになってサイコンの数値を見ると、横方向には30kmも進んでおらず、「俺、ぜんぜん走ってないのにもう死にそうなのかよ」と愕然とします。
 
DSC05660

 巡航速度や風向きによっても違いますが、平地やサイクリングロードをのんびり流している時は、ぶっちゃけ30km程度では乗った内に入らず、100km近くになってようやく「あー今日はロードに乗ったなぁ」と感じる程度。「疲れたなぁ、もーいいや」と感じるためには、100kmを超える必要があるでしょう。

 それが坂道になった途端、この有り様。ヒルクライムの方が運動強度が遥かに高いのがわかります。平地でも、例えば時速35~40kmくらいで数時間巡航し続けるような高強度のトレーニングをすればヘトヘトになるでしょうが、高いモチベーションが無ければとてもそんなトレーニングは続けられません。私のようなヘタレの怠け者は「別に急がなくてもいーじゃん」とか言って、ついダラダラ25~30kmくらいの巡航でお茶を濁すに決まっています。

 一方、坂道はモチベーションがあろうが無かろうが、等しくローディーを殺しに来ます。「頑張らなくてもいーじゃん」とか言ったら、登るどころか、転がり落ちて頂上には永遠に辿り着きません。頂上に到達するという目的を達成するためには、不摂生ゲーマーだろうが、スポーツマンだろうが、男だろうが、女だろうが、だれでも強制的に頑張らなければならない、“望むと望まざるとに関わらず高強度の運動を強制される”のが、ヒルクライムの恐ろしい点であり、(意志の弱い人にとっては逆に)良い点でもあります。

DSC06521

 ただ、そのおかげで短時間、短距離でも消費カロリーは凄まじい事に。その結果、翌日の疲労感も大変な事に……。そんな私を救ってくれたのが、インナーロー教団でお馴染み、ゆっけさんの情報。




e3e05b84俺はボディービルダーになるつもりはない。



 プロテイン = ボディービルダーというこの短絡思考から、私がどれだけスポーツと対極の人生を歩んできたかが垣間見えます。私の中のプロテインのイメージは、「飲むとムキムキになる」という、ポパイのほうれん草と大差の無い、物理法則を無視したドラえもんのひみつ道具レベルの誤解っぷり。冷静に考えればわかりますが、飲んだだけでボディービルダーのような体になる粉は存在しません。

 「プロテイン」というのは、たんぱく質をメインとしたサプリメントの事。ヨールグルトにも大豆にも、豆腐にも、肉にも魚にも入っているタンパク質を、粉にしたものです。

 タンパク質は言わずもがな、筋肉や皮膚や血管、髪の毛など、体のいろんな部分を構成するために必要な要素。ヒルクライムで筋肉などを酷使すると、その回復には大量のタンパク質が必要になります。帰宅後、モリモリお肉や豆腐を食べまくれば、その需要に応える事ができます。

 しかし、胃腸も弱いインナーロー教団のように「疲れた……もう何も食べる元気が無い」、「肉とか見ただけでウッてなる」、「ゼリー的なものしか受け付けない」とか言ってると、筋肉を補修しようとしてるのに、材料(タンパク質)がまったく体の中に入って来ず、補修が終わらないまま時間だけが流れ、翌日も、翌々日も、何日も体がダルい……という状態に。

 そこで、胃腸が弱くても大量のタンパク質を効率よく摂取できるのがプロテイン。「疲労しまくった筋肉を、元に戻すための材料粉を飲む」らしいです(正確には運動後45分間以内に正しい栄養が得られると、筋肉へのアミノ酸輸送量が数倍になり、アミノ酸が再びたんぱく質へと変わって筋肉になる「たんぱく同化」作用が進み、反対に疲労によるたんぱく破壊が軽減)。
 
DSC05358

 購入したのは、ゆっけさんが「意外に美味しい」と言っていたウイダーの「マッスルフィットプロテイン ココア味」。私はこれを三杯、牛乳に溶いて飲みます。

DSC05362
 (これはわかりやすいように牛乳を注いでから粉を入れてますが、実際にこれをやると溶けにくいので
  粉をコップに入れてから牛乳を入れてよくかき混ぜた方良いです)

DSC05368

 驚いたのは、美味しい事。ココアの味がキチンとして、なおかつ甘さは控えめなので、「大人向けのミルクココアだよ」と言って手渡されたら、プロテインが入っているなんて夢にも思わず「美味しいじゃん」と飲んでしまいそう。美味しいので、飲む行為自体がおっくうではなく続けられるのも重要なポイントです。


 飲むタイミングは、ライドから帰ってきた直後。夕方に戻ってきた時は、そこで一杯飲んだ後、夜中に就寝する前にも一杯飲んでいます。さらに、「明日のライドはヤバイわ」と覚悟完了している時は、ライドの前日の夜にも一杯。つまり、「筋肉補修用素材を、あらかじめ体の中に入れておけば、ライド中にも疲れにくくなる」という理屈です。

DSC08438

 で、実際効果のほどはどうなのよという話ですが、効くww

 ヒルクラざんまいで、以前はヘトヘトで帰宅し、シュークリームとか糖分を中心に食べやすいものだけを食べて、翌朝起きると体がまだ鉛のように重く、ベッドから脚を地面に下ろすと、脚が体を支えられずに「ヘタッ」となって「あーもー仕事行きたくね―っつーか、物理的に行ける気がしねー」と嘆いていました。

 しかし、茶色の粉を飲むようになってからは、ふつーに起床。脚の疲労がまったく無い!! とまで言うと嘘になりますが、「ちょっとダルいかなぁー」程度で済むようになりました。駅の階段も、以前であれば「あれだけ登った翌日に、階段で上がるなんて冗談じゃない」と思っていましたが、飲むようになって翌日から“一段飛ばし”も可能です。

 これが本当に粉だけの成果なのか、それとも、飲み始めた時期と、私が坂に慣れた時期が重なっているからなのかはわかりません。プラセボ効果もあるとは思いますが、そうした要素を加味しても、やっぱり効果はあるなと思います。

 また、翌日以降に鋭い痛みが残る、いわゆる筋肉痛の軽減に役立つのかどうかもわかりません。というのも、インナーロー教団の登坂スタイルは、とにかく無駄な力を使わず、リキミを削ぎ落とすように登るため、そもそも筋肉痛が残るような力の入れ方をする事自体が間違っているという教義を根本としているからです(膝痛などの関節系もしかり/追い込みという概念も無い)。

 おかげで、2,000m UPのライドでも筋肉痛は出ないようになりました。よって、筋肉痛にプロテインが効くのかはよくわかりません。ただ、筋肉痛を出にくくする効果はきっとあるでしょう。

 しかし、プロテインが万能で、ひたすらがぶ飲みしていれば、力をガンガン入れて登坂したり、サドルやクリート位置などのポジション出しがうまくいっていなくても筋肉痛が出ないかと言えば、おそらくそんなことは無いはず。あくまで補助するためのもの。基本的には、ライドの後、”ダルい”けど、"痛くはなく”、"張ってもいない”って乗り方をするのが、プロテインよりも重要だと今の私は考えています。

DSC08446 (1)

 とはいえ、すっかりプロテイン信者になったので、補給食もプロテイン配合のタイプにチェンジ。甘さを抑えたチョコバーみたいでコレも美味しいです。ちょっとモゴモゴして喉が渇くけど……。

DSC08450

 ちなみに、こんなの食ったり飲んだりして運動したら、ムキムキマンになってしまうのではという点については、そもそも土日のどちらかしかロードに乗っていない私が、プロテイン摂ろうがどうしようが、ムキムキになるなんて事はありえません。

 しかし、今までより頑張って坂有りルートを制覇しようという気概が出てくることで、総合的にはライドの消費カロリーが増加、ムキムキよりもむしろ痩せる効果が……出るといいなぁ。

DSC05363



 
【血の味ランキング】

29
大弛峠※激坂十傑集
28.5 乗鞍ループ※激坂十傑集
28 風張林道※四天坂
27 箱根ループ※激坂十傑集
24 渋峠・毛無峠※激坂十傑集
22 埼玉のラルプ・デュエズ
21 乗鞍※激坂十傑集
20.5 子ノ権現※四天坂
20 有間峠/白石峠
19 苦労坂(東都飯能CCの激坂)
19 成木峠
18.9 鋸山林道
18.3 和田峠※四天坂
18 渋峠※激坂十傑集
18
榛名山
12 鶴峠(全区間)
11.8 都民の森※四天坂
11 風張峠(奥多摩周遊道路)
10 ヤビツ峠
9.6 仁田山峠
9.5 牧馬峠
9.2 梅ノ木峠
8 入山峠/碓氷峠/不動峠
8 山伏峠
8 雨降林道
7.5 名栗湖坂/龍崖山脇
7 鶴峠(甲武トンネルまで)
7 穴川林道
6.2 裏尾根幹
6 梅ヶ谷峠
4 大垂水峠
4 物見山
2.7 いろは坂/亜美ちゃん坂
1 東村山のラルプ・デュエズ
敗退 鳥居観音
敗退 奥武蔵グリーンライン

【短距離激坂集】
程久保の激坂/ガスト坂/百草園/別所坂

カテゴリ別記事リンク
BF3関係の話題

自転車乗り向け漫画紹介

ロードバイク撮影の話題

カメラ関係の話題

ロードで長野県まで行けるか!? なつまちライド

ランドヌールへの道

多摩湖CRを超え、秩父めんま化ライド

チャリで木崎湖への道 ~AACR 120kmに挑戦


しおいグルメ

ハードウェアの話題

アヴァ子ちゃんの躁鬱

カテゴリ別アーカイブ




クランメンバー(現在3人)
:HELL_HOUND_No9
:hell.hound9
:HELL_HOUND_No9
:HELL_HOUND_No9
自転車/アニメ/カメラ/ゲーム/オーディオ好き。名刺の肩書きは編集・記者で時折カメラマン。愛機D3/α7/RX100M3他。 愛車PINARELLO ROKH/DAHON MuP8。インナーロー教団主祭神 兼 生贄のピザ豚

:morrissey48
:stillill48
売りスレからAVAに最近リハウスしてきた。趣味はドッグタグ収集と戦車の真後ろで野グソ。退役JSです。職業は売春婦です。のんれす

:Vrinks526



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:





記事検索

生理学的味覚である甘味、酸味、塩味、苦味、うま味に続き、新たに発見された第6の感覚。解明が進んでいないが、クランメンバーは唯一その絶対量を正確に判断する舌を持っている。唐揚げやラーメン、タルタルソース、フリトレーの菓子、粉チーズなどに多く含まれているが、塩分過多を示す感覚ではなく、ひらがな表記となる。また、「しおいんですけど」は否定的な意味ではなく、「シェフを呼べ」を上回る現代ブサイク食界で最上級に値する賛辞を意味する。唯一拒否反応を示すのは脂肪肝ぎみの肝臓だが、内蔵の悲鳴を黙殺して箸を進めざるおえない“背徳的かつ圧倒的な味覚の快楽”が、現状最も適した説明である。「しおいんですけど」に続く言葉の意味は、その味覚に目覚めた者しか知る事はできない。たまにネトゲ「AVA」をプレイしています。

【免責事項】
クランメンバーは本Webサイト上のコンテンツの内容について保証するものではなく、一切の責任を負い兼ねます。本Webサイトは情報提供を目的として運営しており、その他の目的を意図するものではありません。また、理由の如何に関わらず、情報の変更及び本Webサイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。本規定は利用者の事前承諾を得ることなく変更できるものとします。
動画のBGMにはフリーBGM DOVA-SYNDROME様のライブラリを使用しています
newone3