Hangame SPECIALFORCE

画像1 画像2 画像3 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11

しおいんですけど

ネトゲやPS4、PS Vita、自転車などを楽しむクランメンバーによる合同ブログ。AVA、BF4など、広く浅く楽しみます。さらに、6番目の味覚“しおい”を探求するグルメサイトと、ニーソや絶対領域を探求する求道者の隔離病棟も兼ねています。自分でも何を言っているのかわかりません。基本読まないでください。

2015年02月

ロードの季節到来に備え、“ボトルホルダに収まる”輪行袋を新調

ブログネタ
ロードバイク に参加中!
DSC05031

 春もすぐそこ。本格的なロードバイクの季節が到来すると、遠出をして、景色の良い場所を走りたくなるもの。今回は久しぶりに、そんな時に便利な輪行袋の話です。

 これまで3個ほど輪行袋を試した末、理想の1つとして到達したグランジのキャリー。主に女性用の自転車向けに作られているので、私のロードだとサイズがギリギリなのですが、なんとかギュッと包んで使ってきました。
 
DSC08004

 しかし、最近気になる事が2つ。

 1つは、サイズがギリギリなせいか、クランクのギザギザが生地に食い込み、何度も使ううちに破けてきた事。裂けて使い物にならない……というほどではありませんが、「そろそろ新しいのを買う時期かなぁ」と。

 2つ目は、輪行袋を仕舞った時のサイズが大きく、自転車に取り付けられない事。これはレビュー時にも書いた事ですが、袋を仕舞うとと、ちょっとしたハンドバッグくらいのサイズになってしまい、しかも形状が四角いため、サドルバッグやドリンクホルダなどに入れられないのです。

 このサイズの輪行袋を収納しようとしたら、特大サイズのサドルバッグを使うか、素直にリュックを背負う事になり……どうしてもオオゴトになってしまいます。

 泊まりがけのライドで、着替えも持っていく必要がある……なんて時は、それでも構いませんが、「ササッと峠に出かけて帰りたい」とか、「自走するつもりだったけど疲れたので帰りを輪行にした」なんて時には、自転車に輪行袋が備え付けてあるに越したことはありません。

 そんな悩みもあり、まったく同じ輪行袋を買い直すのもなぁと考え、グランジの新モデル、キャリーライトを買ってみました。
 
DSC05032

DSC05033

 キャリー“ライト”という名前からわかるように、基本的にはキャリーと同じ、自転車を仰向けにして両輪を外す“横型”タイプ。縦型よりも幅は広くなりますが、ディレーラーを下向きにしないのでエンド金具がいらず、ササッと収納&展開できるのが利点です。

 “ライト”とついているように、従来のキャリーと比べると軽量。640gから390gと、かなり軽くなりました。さらに細身で、これならドリンクホルダに固定できるかもしれません。
 
DSC05034

 なにはともあれ、まずは使ってみましょう。収納方法は、基本的に従来のキャリーと同じ。自慢じゃありませんが、従来のキャリーは活用しまくっていたので、キャリーライトになったと言っても何ら迷いなく作業が進められます。

DSC05369

 従来のキャリーと同様に、サドルを置く場所が赤く塗られています。自転車をひっくり返してこの上に置くわけですが、この時、注意しなければならないのが、横方向にピンと輪行がキチンと広がっているかどうかという点。

 広がりが甘いと、逆さまにしたサドルとハンドルでたわんだ布地を地面に押さえつけてしまう事になるので、自転車を収納しようとジッパーを上げても布地が足りず、上まで締まらなくて慌てる事になります。逆に、ベッドのシーツのようにしっかり広げてから逆さにした自転車を置くことさえできれば、輪行作業の95%は終わったようなものです。

DSC05370

 キャリーライトが軽くなった理由は、布地が薄くなったため。薄手と聞くと、強度に不安を感じますが、実際に触ってみると、従来のキャリーよりビニールっぽい感じの素材になっていて、むしろ強度がアップしているようにも思えます。

 また、写真にあるように、自転車のパーツと強く当たる部分には補強もされています。使ってみて、すぐに破けそうだなという心配もありませんでした。

DSC05373

 と、ここまでで一時停止。

 先ほど「キャリーライトが軽く、小さくなったのは布地が薄くなったから」と書きましたが、実はそれだけではありません。「キャリー」の最大の特徴であった、ホイールバッグ×2が、キャリーライトでは付属していないのです。つまり、ホイールバッグ×2個分の体積が減ったので、小さくなっているだけとも言えます。

DSC08013
 (↑ キャリーに付属しているホイールバッグ×2)

 以前のレビューに書いたように、キャリーの利点は、エンド金具やフレームカバー、ホイールとフレームの固定など、細かな作業が不要な事。それを実現していたのが、ホイールを専用の袋に入れてしまい、フレームと接触しても傷がつかないようにした上で、フレームとホイールを固定しないまま輪行バッグにまとめて収納してしまう……という仕組みにあります。

 しかし、キャリーライトはそのホイールバッグが付属していないので、別途結束用のバンドなどを用意して、フレームとホイールを固定したり、固定しない場合はフレーム側に防御壁となるタオルやシートを挿入するといった作業が必要になります。めんどくせえww

 ですが、私はキャリーも所持しており、当然、そのホイールバッグは「キャリーライト」でも活用できます。よって、キャリーライト + キャリーのホイールバッグという組み合わせで、収納してみました。

DSC05375

 かんせー! 当たり前ではりますが、キャリーの収納方法とまったく同じ。ただ、私の感覚的に、キャリーよりも袋そのものが大きくなった印象で、より収納しやすくなったように感じます。

DSC05376

 持ち上げる際、肩に当たる部分にはご覧のようにパッドがついていて、負荷を分散してくれます。

 さて、問題はここから。

 私のロードが収納できる事、キャリーのホイールバッグが再利用できる事は、購入前から予想はできていました。最大の懸念は、キャリーライトの袋そのものを、ドリンクホルダやサドルバッグに固定できるのか? という点。

DSC05378

DSC05379

 できたww

 結論から言うと、ペットボトルとサイクルボトルの両方に対応できる、トピークの「Modula Cage II WBC05100」に固定できました。ご覧のように、ギチギチですがwww

 しかし、走ってみたところ、このくらいギチギチで固定した方が、振動によって吹っ飛ぶ危険性が無く、むしろ良いようです。また、キャリーライトの外周に装備している黒いバンドをシートチューブに回して締め付ければ、命綱にもなるようです。

DSC05380

 あとは、ホイールバッグ×2個をどうするかという問題ですが……

DSC05383

 とりあえず輪ゴムでキャリーライトと一体化してみた。

DSC05386

 入る気配すらねえ \(^o^)/

DSC05381

 どーしようかと思いましたが、ぶっちゃけ、写真のようにたいしたサイズではありません。小さく畳めば、サイクルジャージの背中ポケットに余裕で収まります。ウインドブレーカーなどを一緒のポケットに詰め込むのは無理があるかもしれませんが……まあ、荷物のやりくりでどうとでもなりそうではあります。

 ちなみに「キャリーに付属しているホイールバッグって、単品で売ってないのかな」とググってみたら、売ってました。キャリーライトでバンドとかを使わず、楽に収納したいという人は、ホイールバッグも一緒に買うと良いと思います。

 では、テストがてら、ちょっくら輪行してきます。





 

まさに別格! ひのきの棒で無謀にも都内最強!? 和田峠に挑む


327a9412のコピー


 前回までのあらすじ

 8カ月前の悪夢を克服するため、ギアガの大穴を抜け、ついにラスボス・都民の森と対決。見事にこれを打ち倒したへるはん!! しかし都民の森は崩れ落ちる最期の瞬間に

 「インナーローで2時間かけて我を倒したと言い張ったところで、貴様がロードバイクに乗る限り、第2、第3の坂は必ず現れる。せいぜい束の間の平地を楽しむことだ……グアアアア……」

 と、不気味な言葉を残していった(幻聴)……。

 ラスボスの制覇、しかしそれは新たな強敵の出現を意味していたのだった……




turayogoshiのコピー


e3e05b84すいません、全員帰ってください



 【↓ダイジェスト動画はこちら↓】
 (読了後再生推奨/画質は720/60p、1080/60pがオススメです)
 ※今回はフラフラなので揺れが多くてすみません。全画面表示は酔うので注意!!




 なんだか毎週、東京近郊の有名ヒルクラスポットに出掛けて、インナーローで時速6km登坂しながら、この世の全てをなげいているオッサンの動画を掲載していくだけの嫌がらせブログになってきましたが、べつに全ての坂に行ってやろうという気はまったくありません。

 行動理念は、苦手な坂道への恐怖心を少しでも克服しよう、どうせならば景色の良いトコロに行って写真を撮りたいという2点だけ。ヒルクラ恐怖症に陥った、全ての原点である都民の森を、幽体離脱し、2時間かかりながらも、脚つき無しでクリアした今、私の頭の中では壮麗なエンドロールが流れていくばかりです。

DSC05586

 ただ、私が「ラスボスだラスボスだ」と書きまくっているせいで、都民の森が凄まじく恐ろしいヒルクラポイントのように錯覚されるかもしれませんが、実際の"坂スペック”的には特に激烈なポイントというわけではありません。

 斜度も20%、25%というような激坂ポイントは無く、標高こそ約1,000mと高いものの、武蔵五日市駅の時点で200mくらいの標高なので、実は高低差は800mほどしかありません。

map001

 距離が長い恐ろしさは前回さんざん書きましたが、それだって、要するに「高負荷の登坂を長時間続けるスタミナが私にまったく無く、バテてヘロヘロになり、ラスボス級に辛い!!」と泣きわめいているだけの話。登れる人にとっては「ああ、都民の森ね。あそこ気持よくサッと走れるからいいよね」みたいな一言で済まさがちで、私が「そーですね」と、おーい! はに丸みたいな顔で受け答えして終了です。

8d59cfd4


 逆に言えば、坂スペック的に、都民の森が裸足で逃げ出すようなもっと恐ろしいポイントは沢山あります。ヒルクラを得意とする人達が、練習するような場所。例えば、東京近郊における表世界での最凶と名高い「和田峠」、意味のわからない斜度まみれの「子ノ権現」(ねのごんげん)、Deroさんですら「あそこはヤバイ」と言う東京のマチュピチュ「風張林道(※風張峠ではない)」、奥多摩の奥地・神戸岩の先にあると言い伝えられる「大ダワ」、柳沢峠、鶴峠、明神峠、三国峠などなど……とどのつまり、関東平野をハズレていけばいくほど、鬼のような峠はワンサカ出てくるわけです。

 しかし、私がギャーギャー騒いでいる次元よりも、より高次元な坂ワールドが存在したところで、挑んでガラスのハムストリングスが割れるだけなので、あまり関係のない話と言えます。都民の森を制覇した今、のんびりポタリングの日々に戻るだけなのです。

DSC05596

 にも関わらず、今週もへまさん、ゆっけさんとの坂練習ライドが……。なんでも坂って定期的に登っていないと、登れなくなるらしいざます。怠けてはいけないらしいざます。奥様ご存知でした? 運動って1回やっただけじゃダメなんですって。

 ちなみにゆっけさんは「仕事があるんす」という言葉を残して逃亡。

 これが、天変地異を事前に察知し、野生動物が逃げ出す現象であったという事は、後々わかる事になります……。

DSC05748

 そんな坂練、今回の生贄として参加する事になったのは、お馴染みの茶川探検隊(仮)から、病気さんとトミィさん。登れる2人に坂練が必要なのかという気もしますが、坂どうこうより、ロングライドは皆でワイワイ行ったほうが楽しいものです。

 ところで、今回の目的地は入山峠です。

 以前に行って、難易度が適度なわりに、景色がとても綺麗で、とても気に入った場所。より難易度の高い坂に挑み続けてきましたが、だいぶネタ枯れ、ならぬ坂枯れになってきたので、どうせ再訪するなら気に入ったところがいいかなと。

 相変わらず外は寒いですが、入山峠ならば、武蔵五日市側に下って足湯にも入れるのが魅力です。病気さんとトミィさんは行ったことがないので、2人を案内するライドという感じでもあります。


oq_xBMJD心配なのは数日前の雪なんだよね。山の方では結構降ったみたいだし、雪が残ってたら登れないから……。


e3e05b84都民の森は広い道路だからキチンと除雪されてたけど、入山峠って林道関係者とかしか通らないっぽいから除雪していないとか、ありそうだよね……。


oq_xBMJDもし雪で登れなくて、あそこから別の場所に行くとなると……高尾に出て大垂水とかかなぁ。



e3e05b84
大垂水かぁ、ぶっちゃけ“今さら感”はあるよねぇ



oq_xBMJD
それ以外だと、それこそ和田峠だねw


266536096_normalあ、フラグが立ちましたね!!



e3e05b84
いやいやいやいや病気さんやめてww 和田峠なんて冗談じゃないから。あんなとこ行ったら脚とれちゃうから。



DSC05603

 朝の小粋なブリティッシュジョークはさておき、入山峠を目指します。行き方は前回のレポとほぼ同じ、まずは多摩川CRから、浅川CRへ。

DSC05606

DSC05607

DSC05613

DSC05618

DSC05634

DSC05641

 浅川CRの最期まで休みなく進んで、結構疲れた前回の反省を踏まえ、今回は途中でちゃんと休憩します。

 また、前回は高尾付近から、やや厳しいアップダウンを越えて、入山峠に至る陣馬街道に出ましたが、今回はルートを変更。以前、しけたかおさんからTwitterでヒントをもらった、八王子市街を抜けるルートを行きます。

 このルートでは、登っている事がわからないレベルの緩い登りが長距離続きますが、さほど体力を使わないまま、入山峠にアクセスできるようです。 

名称未設定 1


DSC05646

DSC05660


DSC05678

 陣馬街道に入りました。交通情報の電光掲示板に和田峠の文字が。恐ろしい峠の名前って、見ただけでビクッとなります。前回のレポでも書いたとおり、実は入山峠と和田峠はご近所。行き方としてはほぼ同じなのです。

DSC05687

 ラストコンビニでしばし休憩。

014

DSC05691

 コンビニ駐車場が広いので、病気さんのハイエンドホイール、Lightweight・マイルシュタインに乗らせてもらいました。

 なにげにLightweight乗ったの初めてですが、何気なく漕いだ瞬間

 かるっ!!

 と叫んでしまう衝撃的な軽さ&回しやすさ。コンビニの駐車場って、入り口あたりがちょっと坂になってたりしますが、あーゆー「うんしょ」と乗り越えるポイントを、このホイールでは、一切脚に力を入れず、脚の自重だけでストンとペダルが下に降ろせて、そのまま乗り越えてしまうほどの軽さ。

 そしてハブの回転も鬼のようにスムーズ。軽くて、硬いのに、上品でしっとり感もあるというなんとも不思議な感覚。「カリカリカリ」という、精密感溢れるラチェット音も独特です。いやー高いだけはあるわ。これ履いたら坂が結構楽になるだろうなぁ。しかしこれ以上は超危険思想ww

DSC05694

 陣馬街道をさらに奥へ。田舎道を快適に走行していたのですが……

DSC05709

 家が少なくなってくると、道路はご覧の通り。所々、日陰の場所にはたんまり雪が残っています。

DSC05710

oq_xBMJDこのぶんだと入山峠もヤバイかなぁー。来てくれた2人に、いきなり雪山登山は申し訳ない。



e3e05b84まあ俺とかゆっけさんだと、雪だろうが、落ち葉ドロフィーバーだろうが、別にもそれが普通だと思ってるからww


 奥に行けば行くほど、雪の量は増えていきます。今週は週の真ん中に、都心部ではほんの少し雪が降って、積もるほどではなかったのですが、そんな状況でも、入山峠の付近ではこれほどの積雪になってしまうというのが、今回とても勉強になりました。前回の都民の森もそうですが、今後、冬のライドをする際の非常に良い経験になったと思います。

DSC05723


DSC05711

 しかし、いざ入山峠の入り口に到着してみると、なんと路面はオールクリア!!

 入山峠の八王子側は日当たりが良いので、雪もすぐに溶けたのでしょう。これは、うまくすれば、頂上まで行けるかもしれません。

DSC05714

 無理だった\(^o^)/

DSC05717

 林道はご覧のように、晴れた昼間であっても木々や山肌の角度によって、地面には影が落ちます。それが重なる部分では、雪が大量に残っています。中には溶けて滑りやすくなったゾーンも……。

DSC05719

DSC05724

 しばらく徒歩で雪山登山してみましたが、このまま頂上まで騙し騙し進んだとしても、日当たりの悪い武蔵五日市側には降りられないでしょうし、来た道をダウンヒルするにしても、また徒歩下山になってしまいます。

e3e05b84残念だけど、これは仕方ないね。今日は入山峠まで、疲れにくい行き方がわかったという事で良しとしよう。


oq_xBMJD仕方ないね。



e3e05b84じゃあ帰りは俺が牽くからすぐに帰ろう、さあ帰ろう、やれ帰ろう。



oq_xBMJD仕方ないから、和田峠だね。



e3e05b84いやああああああああああああああ!!!


名称未設定 3

 なんとか峠とかいろいろ言われても、位置関係がサッパリわからないという人は多いと思いますが、だいたいこんな感じ。青い部分が、行こうとしていた入山峠。そこに行かず、少し来た道を戻ると、西にいく道があり、そこを進むと和田峠という峠があるそうです。

 入山峠が雪まみれなら、和田峠も雪まみれなんじゃね? という話ですが、和田峠は除雪がされており、峠の頂上までは車でも行けるとのこと。その先の、神奈川県側は、冬の時期は通行止めですが、頂上までは行けてしまうのです(※追記:冬の期間通行止めではなく、崩落による通行止めだそうです)。

DSC05731

 ここがまさに、西にいく分岐点。右の道を進むと入山峠、左に進むと……

DSC05730

 このような景色が広がっていて、和田峠にと至ります。

DSC05739

e3e05b84え? ウソだよね? マジで行くの?
都民の森を半死でクリアした翌週にいきなり東京近郊・最凶の和田峠とか狂ってるよね? 


 夢見心地というか、まったく現実感のないまま、皆についていくと、時代劇のセットの中に紛れ込んだような不思議な場所に到着しました。

 ああ……ここ、見たことある……。

 ガチのヒルクラ大好き改造人間ローディーさん達のブログによく出てくる、紛れも無く和田峠の入り口にある休憩所。やべえww 俺ホントに和田峠の入り口にいるww どーなってんだよこれww


DSC05759

 先ほどから登場している「陣馬街道」というのは、八王子から、和田峠を抜けて、神奈川県の相模原市・緑区まで通じている道の名前です。つまりここは、陣馬街道のクライマックスゾーン。

 営業していないようですが、左に見える黄色い看板が「陣馬亭」という雑貨屋さん。その向かいにあるのはバス停。その奥には、山下屋というお蕎麦屋さんがあり、名物の陣馬そばが食べられるそうです。つまりココは、和田峠でトレッキングする人達のベースキャンプ的な場所なのでしょう。

DSC05766

DSC05786

 ホントにこのまま和田峠に行くのか、半信半疑のまま……。お昼時でお腹はすいてきたので、大休憩。前述の山下屋さんで、お蕎麦をいただくことに。

DSC05774

 病気さんがiPhone落っことしてフロントガラスにヒビが入るアクシデントがありつつ……修理方法などを話していると、

DSC05778

 陣馬そばのかけそば! が 海苔がおいしそー!!

 寒いし、しおいものも食べたかったので、見たら急にお腹が鳴ってきました。

DSC05781

 うみゃー

 陣馬そばは、なんでも地元のいかり草、よもぎを駆使して作っているのだそうで、ちょっと緑っぽいのが特徴。食べるとフワッとよもぎの香りもして、ワイルドかつ、優しい感じで、美味しいです。つゆは甘めで、疲れた体に染みわたるよう。あったけー。

DSC05784

 へまさんとトミィさんのところに運ばれてきたのは、蕎麦を使ったパスタ!

 こちらにも海苔がたっぷり。キノコも沢山で、そばの風味がよりダイレクトに楽しめそう。2人とも「美味しい美味しい」と食べてました。

 なんかこう、観光地の蕎麦にあまり良い印象が無かったのですが、このお店はこだわりが詰まっていて良い感じです。

 店のオヤジさんによれば、いつもは店の前の壁に100万円くらいするロードバイクがズラーッと並んで、お店もローディーでいっぱいなんだとか。今日は我々だけですが。そりゃそうだ。雪だもの。俺なにやってんだこの雪の中。


DSC05783

 夏場は外でも食べられるそうです。


oq_xBMJDあー和田峠……憂鬱だ……行ったことないけど絶対キツイから。
脚ついちゃうだろうなぁ。


e3e05b84やめてwwww へまさんがそんな事言うなら、俺もう途中の洞穴で即身成仏するしか無くなるから。




 ごちそうさまでした。

名称未設定4

 腹ごなしも済んだので、和田峠の話をしましょう。

 その強烈な坂スペックと、挑戦した人達の体験談を聞く中で、私の中では半ば"伝説”チックな位置に存在しているのが和田峠。バス停のあたりから、頂上ポイントまで、距離は約3.5kmと、さほど長くはありません。

 しかし、標高700mまで短い距離で駆け上がるため、斜度は当然キツ目。なんと平均10%越えで、ほとんどの区間が12~13%程度、最大斜度は18%あたりまで到達するという、スペックだけ見ても何かの冗談かと思うような強烈さです。

名称未設定5

 何度も書いているように、私の中で「10%」という斜度が1つの境界線。8~9%程度であれば、インナーローでなんとか耐え続け、時間をかけてどうにか脚つきなしで攻略できるレベル。しかし、トラウマになっている名栗湖前の坂のように、10%越えが続くと、インナーローで耐える事すらできず、ゴリゴリと脚&体力を削られ、すぐに撃沈してしまいます。

 名栗湖前の坂は、非常に短いのでなんとかなりましたが、和田の場合、常時10%オーバーが3.5km。つまり、全行程で殺しにかかってくるという悪夢。さらに20%近い激坂も織り交ぜられると、笑うしかありません。

 明らかに、私にとってはこの挑戦、分不相応の一言。脚をついても、何らおかしくはなく、悔しいという気すら起きない……ハズです。

 一方で、先週都民の森を脚つき無しでクリアしたせいで、ほんの少し自信がつき、「万が一、脚つき無しでなんとかなるんじゃないか……いや無理かww ……いやそれでも……」と、ちょっと色気が出ているのは否定できません。どんな気持ちで望めばいいのか、決めあぐねているあいだに、ゲートをくぐってしまいました。

DSC05792


DSC05795

DSC05796

 ローディーも登山客もほとんどいないせいもあり、あたりは荘厳な雰囲気。ヒルクラの聖地ゆえか、ちょっと今までの峠と世界が違います。

 もっと寂れた、ボロボロでムチャクチャな坂道を想像していたのですが、神社の参道のような引き締まった雰囲気で、最初は「嫌だ嫌だ、怖い怖い」とマイナスな事ばかり考えていた気持ちが、キリリと引き締まり、「まーせっかくだから行けるトコロまで行ってみるか」というポジティブモードに。

 和田峠の胸をかりるつもりで、ダメもとで精一杯挑戦しよう! そうすれば、意外となんとかなったりするかもしれないし! 


mp4_000451033

 ゲボァ!!

 ちょっwwまってwwwwww
 斜度がおかしい。だまし絵かコレ。
 
 肉眼で見ているのに、目の前の景色が信用できずに、思わず二度見。


 序盤こそ、8~9%だった斜度は、すぐに10%台へ突入。その後は斜度がぜんぜん変わりません。当然スタート直後からインナーローを開放して挑んでいますが、あまりのキツさに脚が回らず、序盤からいきなりヨロヨロと蛇行モード。

 心拍もガンガン上がり、平坦区間で一息ついて下げたいところですが、まったく平坦が出てきません。出てくるのは、何かの間違いかと思うような斜度のワインディングばかり。

mp4_000751033


 ウソだろこれ。

 これ道作った人、角度とか考えた?


mp4_000254469

 和田峠、まさに別格。

 ヤバイだろうと想像していた、その想像を遥かに上回るヤバさ。普通の峠で、クライマックスとして1カ所登場するようなボス級激坂ポイントが、ザコ敵のような頻度で登場。さらに恐ろしいことに、そのザコ敵と、ザコ敵をつなぐ移動区間が10%越えという悪夢。もはや逃げ場はありません。

 あれだけキツかった梅ノ木峠も、牧馬峠も、もっと言えば都民の森も、和田峠の前では可愛いものです。この異界と呼ぶべき坂ゾーンでは、9%の坂道が休憩平坦区間にすら思えてきました。

mp4_000802033


DSC05853

 心理的な斜度は、常時こんな感じ
 (※ダウンヒル時に撮影した写真なのでまだ脚はついてません)。

 まさに、一歩進むごとにHPがゴッソリ減る毒の沼地→魔王→毒の沼地→魔王の兄→毒の沼地→魔王の従兄弟という、HP削りフィーバーゾーン。

 震える手でやくそうを口にする余裕すらありません。


DSC05848

DSC05845

DSC05850

 上の写真のように、進む道路の先が、自分の頭上へと続いているという意味のわからなさ。

 登山なら理解できますが、私は自転車に乗っているのです。先を進む病気さんが、斜度のキツさに「ギャー!」と上げる悲鳴が、頭の上から聞こえてくるという、にわかに信じられない峠です。

DSC05854

DSC05857

DSC05858

 景色は最高ですが、ぶっちゃけ写真を撮る余裕なんてあるわけありません。それどころか、首を横にして景色を見ることすらできません。少しでもハンドルがふらついたら、脚をついてしまう恐怖と戦いながら、脂汗を流して登り続けます。

 登坂速度は、既に時速3.6kmとか4kmとか、徒歩にも劣るレベル。脚をつかなければ、もはや静止しても構わないというくらいの腹のくくり方で、必死にクランクを回し続けます。もちろん立ち漕ぎを開始する体力もゼロで、ここまで全てシッティングという異常事態。


DSC05837


誰だこんな道作った奴ぁ!!(怒)


mp4_000877033

 何個目か、数えることもできなくなったワインディングを越え、脚つきの誘惑&恐怖にブルブルと震えながら、意地だけで対抗する事約30分……。

DSC05819

 和田峠、なんと奇跡の脚つきなしクリア!!
 \(TдT)/




 しかし半泣き、ロード降りた瞬間に崩れ落ちる、まさに限界ギリギリでした。

 血の味指数
 和田峠:
18.3



 ……まさに別格のキツさ。伝説にたがわぬ鬼のような峠です。登坂したにも関わらず、軽々しく挑んですいませんでしたという土下座気分。

 しかしこれ、いくつかの峠を、段階的にクリアした末に挑んだので、まだ覚悟ができており、笑い話に転換できましたが、例えばロード買ってすぐに「ヒルクラなにそれ?」みたいな状態で、いきなり誰かに連れてこられていたら、ロードバイク自体が嫌いになってもおかしくありません。

 ただ、幾つか峠を制覇した人が、胸を借りるような気分で挑むには、恐らく良いポイントなのでしょう。距離がそこまで長くはないので、タイムを計測したり、「今日はフォームのここに気をつけて乗ってみよう」とか、「今日はあそこの登り方を変えてみよう」みたいな、ヒルクラのレベルアップを図る人の練習場所にうってつけなんだろうなという感じは、少ししました。

 実際、我々4人が頂上で「いやぁーやばかった」とか言って休んでいると、凄いスピードで登ってきて、そのまま自転車を降りずにUターンしてあっと言う間に下っていくローディーもいました。恐らくあの人は、週末など、空いた時間に和田峠を何回も登って鍛えているのでしょう。凄すぎて意味がわからない。

DSC05816

DSC05812

 神奈川側はこのように冬季は通行止め(※追記:冬の期間通行止めではなく、崩落による通行止めだそうです)。

DSC05809

DSC05811

DSC05823

 夏になれば、ここから他の林道へとアクセスできるようです。どの道に進んでも、ヤバイ世界が広がっているのは間違いありません。未舗装路好きなへまさんが、行きたそうにしていますww

DSC05825

DSC05882

DSC05899

 冗談抜きに死ぬかと思いましたが、登り終えると、不思議に気分が良いです。おそらく、死に物狂いでクランクを回している時間が30分くらいと、都民の森と比べると短く終わるためでしょう。

 都民の森の疲れ方は、スタミナをジワジワ絞られて、カラッカラに出しきって、精も根も尽き果てるイメージ。、和田峠は「倒れるまでスクワットやってね(ニッコリ)」みたいな感じで、脚はガクガクですが、疲れ方がシャープです。

 ヒルクラが好きな人にもいろんなタイプがいて、「ダラダラ登りは苦手」、「激坂でも短くグワッと終わるのが好き」なんて事を言っている人がいましたが、そのタイプの違いや、気持ちが少しわかったような気がしました。

 いずれにせよ、今までのヒルクラポイントとは、明らかに別次元の和田峠。ヤバイけれど、妙な魅力のある世界の景色を、垣間見せてくれるような坂道でした。私のようなヒルクラ初心者な人は、相当の覚悟を持った上で挑むべきですが、「なんだよこれww」と笑える坂でもあるので、一度挑んでみると面白いかもしれません。とりあえずネタにはなります。


 

インナーロー教団崩壊!? 雪山と化したラスボス・都民の森 下見ライド

DSC05472

 【↓ダイジェスト動画はこちら↓】
 (読了後再生推奨/画質は720/60p、1080/60pがオススメです)



 坂を見ただけで般若心経を唱えだす私の登坂練習のため、へまさんが連れていってくれた城山湖、裏尾根幹、入山峠、牧馬峠、梅ノ木峠などなど……。途中でゆっけさんも巻き込まれた“坂練習シリーズ”ですが、回を重ねると1つの問題が。

oq_xBMJD近場で自走で行ける坂って、もうあんまり残ってないんだよね



e3e05b84ヤビツとかもあるけど、自走で行くには遠いし。かといって和田峠とか風張林道とか子ノ権現(ねのごんげん)とか別次元のトコロ行ったら、オレの脚がとれちゃうし。


oq_xBMJD奥多摩だと、あとはホントに都民の森(2014年血の味指数トップ:11.8)だね。



e3e05b84ムリムリムリ……昨年5月に初ヒルクラでいきなり挑戦して秒殺され、4回足ついたトラウマが。あの時からオレ自身、基本的にレベルアップしてないから。メインウエポン長めの物差しから、ひのきの棒になっただけで、ゾーマに殴りかかりに行くのと同じだって。
 

oq_xBMJDいや、今までこれだけの峠を脚付きなしでクリアしてきたんだから、たぶん都民の森も大丈夫になってると思うよ。


e3e05b84ロンゴロンゴ語には明るくなくて、日本語でお願いします。



oq_xBMJDいやいや、都民の森手前の旧料金所で休憩するかもしれないけど、それは普通だし、料金所までなら楽に行けちゃうよ。旧料金所から先は斜度はアップするけど、牧馬や梅ノ木と比べたら、それほどキツイ事もないし。


e3e05b84……そうかなぁ。まあ、もうちょっと自信がついて、暖かくなったら、のぼうさんとか皆で行こうって話は去年からしてるから、それまでに心を入れ替えてもっと頑張ればなんとかなる……かなぁ。


oq_xBMJD生まれて初めてのヒルクラで、キツかった印象が強すぎて過大評価しちゃってるんだと思うよ。それならば実際どんなものなのか、皆と出かけて本格的に挑戦する前に、軽く下見してみたら?


e3e05b84え、下……見?
それはロケハン的な感じ?



oq_xBMJDそう。攻略するには敵を知る事が重要だし。ちょっと見てきて、キツかったらやめればいいんだし。



e3e05b84下見……ロケハン…‥ちょっと見るだけ。
いやしかし……でも…ロケハンは大事だな……んー……。



-5xqteuT次はドコにチャレンジするんですか。



e3e05b84天国のようなトコロだから、ゆっけさんも参加ね。



-5xqteuTえww ドコですか?



 などと前回のライド時に話していましたが、数日後、東京に雪が。都心部では少し積雪した程度ですが、奥多摩方面は……。


 どう考えても、ロードの神が「都民の森? お前が? え、マジで言ってんの? 死ぬよ? 7割がた」と忠告するために降らせた雪に違いありません。神のお告げには、素直に従うしかありません。それ以前に、東京都建設局によれば、都民の森に至るまでの道路が、積雪で通行止めになっているとのこと。

 これで合法的に都民の森を回避するしかなくなりました。やー行きたかったけど雪じゃー仕方ないよね。さ、土日は布団の中でPS Vitaでもやって……
 

 東京都除雪はえええwww!!
 空気よめよ!!




DSC05055

DSC05067


 東京都の勤勉な仕事ぶりの結果、今週も武蔵五日市駅前に到着。


 駅前を右折すると、先週のつるつる温泉 with 梅ノ木峠。左に行くとラスボス・都民の森が鎮座しています。つまり、ここを左折するという事は、私にとって99.7%くらいの確率でローディー的な敗北(脚付き)を意味します。ああ……胃が痛い。

DSC05069
続きを読む
【血の味ランキング】

29
大弛峠※激坂十傑集
28.5 乗鞍ループ※激坂十傑集
28 風張林道※四天坂
27 箱根ループ※激坂十傑集
24 渋峠・毛無峠※激坂十傑集
22 埼玉のラルプ・デュエズ
21 乗鞍※激坂十傑集
20.5 子ノ権現※四天坂
20 有間峠/白石峠
19 苦労坂(東都飯能CCの激坂)
19 成木峠
18.9 鋸山林道
18.3 和田峠※四天坂
18 渋峠※激坂十傑集
18
榛名山
12 鶴峠(全区間)
11.8 都民の森※四天坂
11 風張峠(奥多摩周遊道路)
10 ヤビツ峠
9.6 仁田山峠
9.5 牧馬峠
9.2 梅ノ木峠
8 入山峠/碓氷峠/不動峠
8 山伏峠
8 雨降林道
7.5 名栗湖坂/龍崖山脇
7 鶴峠(甲武トンネルまで)
7 穴川林道
6.2 裏尾根幹
6 梅ヶ谷峠
4 大垂水峠
4 物見山
2.7 いろは坂/亜美ちゃん坂
1 東村山のラルプ・デュエズ
敗退 鳥居観音
敗退 奥武蔵グリーンライン

【短距離激坂集】
程久保の激坂/ガスト坂/百草園/別所坂

カテゴリ別記事リンク
BF3関係の話題

自転車乗り向け漫画紹介

ロードバイク撮影の話題

カメラ関係の話題

ロードで長野県まで行けるか!? なつまちライド

ランドヌールへの道

多摩湖CRを超え、秩父めんま化ライド

チャリで木崎湖への道 ~AACR 120kmに挑戦


しおいグルメ

ハードウェアの話題

アヴァ子ちゃんの躁鬱

カテゴリ別アーカイブ




クランメンバー(現在3人)
:HELL_HOUND_No9
:hell.hound9
:HELL_HOUND_No9
:HELL_HOUND_No9
自転車/アニメ/カメラ/ゲーム/オーディオ好き。名刺の肩書きは編集・記者で時折カメラマン。愛機D3/α7/RX100M3他。 愛車PINARELLO ROKH/DAHON MuP8。インナーロー教団主祭神 兼 生贄のピザ豚

:morrissey48
:stillill48
売りスレからAVAに最近リハウスしてきた。趣味はドッグタグ収集と戦車の真後ろで野グソ。退役JSです。職業は売春婦です。のんれす

:Vrinks526



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:





記事検索

生理学的味覚である甘味、酸味、塩味、苦味、うま味に続き、新たに発見された第6の感覚。解明が進んでいないが、クランメンバーは唯一その絶対量を正確に判断する舌を持っている。唐揚げやラーメン、タルタルソース、フリトレーの菓子、粉チーズなどに多く含まれているが、塩分過多を示す感覚ではなく、ひらがな表記となる。また、「しおいんですけど」は否定的な意味ではなく、「シェフを呼べ」を上回る現代ブサイク食界で最上級に値する賛辞を意味する。唯一拒否反応を示すのは脂肪肝ぎみの肝臓だが、内蔵の悲鳴を黙殺して箸を進めざるおえない“背徳的かつ圧倒的な味覚の快楽”が、現状最も適した説明である。「しおいんですけど」に続く言葉の意味は、その味覚に目覚めた者しか知る事はできない。たまにネトゲ「AVA」をプレイしています。

【免責事項】
クランメンバーは本Webサイト上のコンテンツの内容について保証するものではなく、一切の責任を負い兼ねます。本Webサイトは情報提供を目的として運営しており、その他の目的を意図するものではありません。また、理由の如何に関わらず、情報の変更及び本Webサイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。本規定は利用者の事前承諾を得ることなく変更できるものとします。
動画のBGMにはフリーBGM DOVA-SYNDROME様のライブラリを使用しています
newone3