Hangame SPECIALFORCE

画像1 画像2 画像3 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11

しおいんですけど

ネトゲやPS4、PS Vita、自転車などを楽しむクランメンバーによる合同ブログ。AVA、BF4など、広く浅く楽しみます。さらに、6番目の味覚“しおい”を探求するグルメサイトと、ニーソや絶対領域を探求する求道者の隔離病棟も兼ねています。自分でも何を言っているのかわかりません。基本読まないでください。

2014年02月

本日発売PlayStation 4 開封の儀

ブログネタ
PS4 に参加中!

DSC02133

  遂に本日発売されたPS4。とりあえずゲットしました。

DSC02122

DSC02126

 買ったのはPlayStation Cameraが無いモデル。PS3時代、PS Moveは持っていて、街中をキャスター付きの椅子で滑り倒すというバカゲー「街スベリ」にハマったりしたんですが、それ以降はまったく活用していなかったので、もうカメラ系はいらんかなという判断です。



 とりあえず、持っているPS VitaとXperia Z1との連携機能を試してみたいとうのが主な購入動機ですので、ゲームソフトをまったく注文していなかった事に3日前に気づきました。でも、今買うとFirst Limited PackとしてアクションゲームのNACKが付属していたのでホッと一息。

DSC02143

 発表された時は「別にいらないけど」と思いましたが、「特に考えずに本体注文した」という私のような人間にとっては、結果として嬉しい施策ではないかと(ちなみに数量限定)。

 KNACKがどれくらい面白いかわかりませんが、当面の目的は、無料で全員プレイできるFF14のβをプレイする事ですので、イマイチであっても気にしません。まあ、PC版で既にプレイしているFF14を、いまさらPS4でやる必要あるのかという話もあるんですが、次世代ゲーム機でどれくらいPC版に迫れているのかに興味があるのと(BF4も含めて)、やはりPS Vitaで布団の中など、自由な場所からプレイするとどう感じるのか知りたいというのが大きなポイントです。

 PS4の目玉機能であるプレイ動画配信機能も積極的に使ってみたいと思います。ニコ動のみで盛り上がっていたゲーム配信ムーブメントが、一般にも広まるか、興味深いところです。

DSC02137

DSC02134

 ゲームショウなどのイベントで何度も目にしていますが、本体を自分の手で持ち上げた第一印象は薄いの一言。実際に、初代や新型PS3と並べてみると、薄くて、凝縮感があります。

DSC02144

DSC02147

DSC02148

DSC02149

 なんでPS3にレゾナンス・チップやブチルゴム+鉛の防振シート貼ってんだオーオタだから。

DSC02140

 地味に感動したのはHDMIケーブルが標準添付である事。時代ですなぁ。

DSC02141

 そしてマイク付きのイヤフォンも付属。ネットを介したコミュニケーションを前提としたゲーム機である事が、こんなところからも感じられて面白いです。

DSC02142

 さーて、まずは何をしよう……。

ボトムズとダグラムとレイバーとイェーガー混ぜこぜカオスなタイタンフォール


 今年のFPSの注目作であるTitanfall、私もようやくプレイ可能になりました。チュートリアルと数ゲーム戦っただけですが、おもしれえなこれ。

016

 簡単に言えば、FPSでドンパチやっている戦場に、ボトムズとダグラムとパトレイバーとイェーガーをごった煮して汚くしたような二足歩行ロボも登場。チマチマした打ち合いに飽きたら、“タイタン”と呼ばれるそのロボ兵器を天空から召喚して乗り込みヒャハー!! ロケランブッシャー!! できるという感じです。以前紹介した「HAWKEN」からパイロットが降りられるゲームと言っても良いかもしれません。

 初めて聞いたという人は、とりあえずトレーラーを見ると「あーこーゆー感じね」とわかると思います。



 SFのFPSなので登場する武器もユニーク。ハンドガンなのに敵をロックオンして全自動で複数目標を撃破できるスマートピストルとかなにこの馬鹿武器最高じゃん。

002

003

 ここに降臨せよ!! 俺のタイたん!!

004

 きたあああああああ!!

005

 乗り込む時にタイタンに体を掴んでもらい、ガバっと開いた胸のハッチに乗り込む演出が毎回あるのですが、この動作が男心をくすぐります。コクピットの360度ディスプレイが乗り込んでからわざわざONになるところとか。最初からONにしとけよと突っ込んではいけません。

006

007

 ちなみに馬鹿でかいタイタンですが、AIモードも備えていて、パイロットが降りてチマチマした作業をしている時に、ノシノシと後を着いて来たりしてなかなかかわいいやつです。

008

 ただ、一度敵とのバトルとなると鬼のように強いです。武装も火力が歩兵のそれとはレベルが違いますが、何より強いのが左手から発生する謎のハンドパワーバリア。スターウォーズのフォースも連想させる理力で、展開中は「ふはは!! 貴様の攻撃など効かんのだよ」と言わずにはいられません。

 さらに敵の攻撃を防ぐだけでなく、飛んできたミサイルやら弾丸やらをバリアでからめとる事も可能。敵はきっと「なにい!! 弾丸をとめたあああ!!??」と叫んでいるに違いありません。

mmr05

 しかもこの弾丸、撃ってきた相手に弾き返す事もできます。もちろん「言ったはずだ、貴様の攻撃など効かんと」の後の掛け声は「返すぞ!!」に決まっています。
アホかこのゲーム。

009

 突っ込みどころ満載の楽しいチュートリアルが終わり、いよいよ他のプレーヤーがひしめく戦場へと降り立ちます。いきなり巨大な敵のタイタンが狂ってきたように突進してきて、テンパリながらライフルを乱射してみましたが、むろんそんな豆鉄砲で止まるわけがありません。

010

011

 開始10秒で轢き殺されたwwwwwww

012

 しかも、死んだ後には殺してくれたプレーヤーからの視点を紹介するキルカメも用意。草原でタイタン相手に、バカ面下げてオタオタしている私が、画面左隅にキチンと写っています。「YOU」じゃねえよwww 言われんでもわかっとるわww

013

 タイタン同士のどつき合いは大迫力。歩兵はチョコマカと対戦車ミサイルっぽいのを打ち込んだり、茶々も入れられますが、基本タイタンの相手はタイタンという感じ。あまり近寄ると、とばっちり食って死にそうです。

015

014

 恐ろしいのは、タイタン同士の接近戦。相手のコクピットを破壊し、中のパイロット引きずり出してそのままパローレしたり。

 もうちょっとタイタンの動きに重厚感が欲しいとか、細かい不満はありますが、全体的にバカゲーっぽさがとても良いです。私はPCのオリジン弁当でプレイしていますが、今のところ無料なのでご興味ある方は急ぎましょう。

 360とXbox Oneでも出るのだとか。PS4版出ないかなぁ……Vitaで寝っ転がってやりたいのだけれど。



 

CP+でα7用変態レンズやロード用アクションカム新固定法にヨダレ

ブログネタ
デジタルフォト に参加中!

DSC01751

 今年もCP+に参戦。仕事で行っているので、趣味的なブース巡りは限られた時間しか使えませんが、それでもソソるものがそこかしこに。

DSC01863

 夢と浪漫のコシナブースは、毎回訪れるたび財布に悪いグッと来るレンズのオンパレード。今年はフルサイズのEマウントであるα7に、何やら沈胴レンズが!! 

DSC01862

 40mmのヘリアーで、正式名は「HELIAR 40mm F2.8 VM For VM-E Close Focus Adapter」。おけつについてる「For VM-E Close Focus Adapter」というのは、コシナが出しているヘリコイド付きのM-Eマウントアダプタ「VM-E Close Focus Adapter」と組み合わせて利用する事を前提としたレンズという意味。つまり、このレンズ自体はVMマウントで、それにヘリコイド付きのマウントアダプタを噛ませてα7のEマウントに装着しているわけです。私がα7でノクトン先生を使っている時と同じですな。

 興味深いのは、レンズ自体にヘリコイドが無く、マウントアダプタ側のヘリコイドでフォーカスを合わせてね♪ というワリキリぶり。合理的とも言えますが、そもそもマウントアダプタ前提のVMマウントレンズって何なんだ、最初からEマウントで良いんじゃないかという哲学的な命題も内包しています。この変態っぷりが、趣味っぽくていいですな。

DSC01741

 沈胴レンズなのでこんな風にコンパクトに持ち運べます。散歩レンズとして欲しい……欲しすぎる。ちなみにVMマウント変換アダプタ向けに、ニコンSとコンタックスを装着できるようにするアダプタなんかも出るそうな。破産させる気か。

DSC01865

 ニコンSマウント用の新製品「S HELIAR 50mm F3.5」なんてのも。マジカwww

DSC01812

 キヤノンの交換レンズの森、今年中に累計生産いちおくほん行きそうなんだとか。ヨカッタデスネ(棒)

DSC01866


DSC01556

 このブログ的にはやはりアクションカメラ関係は外せません。ソニーの新型アクションカム、サイズは初代&2台目と同じですが、色が白くなり、内部(レンズや画像処理系)も別物に。むき身でも防滴仕様になり、ハンドルバーマウントに装着した状態でも、底部の後ろ側からUSB給電が可能(底部の前側に三脚穴がついているため)。つまり、給電しながらの長時間撮影がやりやすくなっているわけです。

 また、ローディーとして見逃せないのが手ぶれ補正の強化。なんでも、アスファルト路面を走行している時の、ガタガタした映像の揺れが、従来モデルと比べ、ピタッと無くなるくらい手ぶれ補正が強化されているのだとか。あーこれも買うしかねえわ。

DSC01888

 この手のイベントではお馴染み、アンデックスユウのブースでは、今回も「その手があったか」というアクションカメラ用マウントパーツが大量に。これはGoPro用ですが、ロードバイクのステムのトップキャップのネジを外して、その間にパーツを挟み込み、キャップを閉じて固定するという「トップキャップマウント」用パーツ。

 何が面白いのかと言うと、ハンドルバーに固定するよりも“引き”の映像になるため、ローディーの両手も画面に映りこみ、より「ロードに乗ってるっぽい」臨場感のある映像になるのだとか。製品ページから作例を拝借。ニコニコ動画に、トップチューブに固定して両足も画面に入るようにした「股間カメラ」がありますが、あれと、ハンドルバーマウントの中間くらいのイメージ。いやぁ、これ良いっすね。欲しい。

20140116_68b9a1

DSC01898


DSC01889

 サドルレールマウントは、アクションカムを後ろ向きに取り付け、後続を撮影するためのもの。最近は複数のアクションカムで撮影し、その映像を編集で切り替えながら活用するパターンも多いので、こうした製品の需要は高まりそうです(ソニーの新アクションカムも、編集で複数カム映像の同期をとりやすいようにタイムコード記録に対応しています)。

DSC01905

 シンプルに、ホイールのクイックシューに取り付けるマウントも発見。地面を這うようなアングルになるのでスピード感が出そうです。真上を向けて撮影すれば、ヒーヒー言いながらペダルを漕いでいる自分の顔も撮影できるという感じ。なんかこういうの見てると、無駄に10個くらい取り付けて走りたくなりますな。

DSC01695

 ソチオリンピックでも活躍していますが、アクションカムやデジタル一眼を搭載できる空撮用ラジコンヘリが展示されているのも、時代の流れを感じさせます。ラジコンヘリのようにアクロバットするわけではなく、空中て安定的に姿勢を制御するため、クアッドコプタータイプが主流。5Dなどの重いデジタル一眼を飛ばす業務用機には、8基のローター搭載したモデルなども。

DSC01669

 写真はいずれもDJIのPhantom。新モデルとして、アクションカムを後乗せするのではなく、はじめからカメラを搭載したモデルも発売予定だとか。

DSC01690

 空撮いいわー。やってみたいわー。

 ロードに取り付けたスマホのGPSデータを被写体として認識して、勝手に走行中の様子を空撮してくれる、GPS搭載の半自立型空撮ラジコンヘリとか出ないかしら。アングルの制御は顔認識とか動体認識とか、今のデジカメはAFが鬼のように高性能だからなんとでもなるだろうし。ヘリとジンバル込みで5万円くらいで(絶対無理)。

DSC01506



 
【血の味ランキング】

29
大弛峠※激坂十傑集
28.5 乗鞍ループ※激坂十傑集
28 風張林道※四天坂
27 箱根ループ※激坂十傑集
24 渋峠・毛無峠※激坂十傑集
22 埼玉のラルプ・デュエズ
21 乗鞍※激坂十傑集
20.5 子ノ権現※四天坂
20 有間峠/白石峠
19 苦労坂(東都飯能CCの激坂)
19 成木峠
18.9 鋸山林道
18.3 和田峠※四天坂
18 渋峠※激坂十傑集
18
榛名山
12 鶴峠(全区間)
11.8 都民の森※四天坂
11 風張峠(奥多摩周遊道路)
10 ヤビツ峠
9.6 仁田山峠
9.5 牧馬峠
9.2 梅ノ木峠
8 入山峠/碓氷峠/不動峠
8 山伏峠
8 雨降林道
7.5 名栗湖坂/龍崖山脇
7 鶴峠(甲武トンネルまで)
7 穴川林道
6.2 裏尾根幹
6 梅ヶ谷峠
4 大垂水峠
4 物見山
2.7 いろは坂/亜美ちゃん坂
1 東村山のラルプ・デュエズ
敗退 鳥居観音
敗退 奥武蔵グリーンライン

【短距離激坂集】
程久保の激坂/ガスト坂/百草園/別所坂

カテゴリ別記事リンク
BF3関係の話題

自転車乗り向け漫画紹介

ロードバイク撮影の話題

カメラ関係の話題

ロードで長野県まで行けるか!? なつまちライド

ランドヌールへの道

多摩湖CRを超え、秩父めんま化ライド

チャリで木崎湖への道 ~AACR 120kmに挑戦


しおいグルメ

ハードウェアの話題

アヴァ子ちゃんの躁鬱

カテゴリ別アーカイブ




クランメンバー(現在3人)
:HELL_HOUND_No9
:hell.hound9
:HELL_HOUND_No9
:HELL_HOUND_No9
自転車/アニメ/カメラ/ゲーム/オーディオ好き。名刺の肩書きは編集・記者で時折カメラマン。愛機D3/α7/RX100M3他。 愛車PINARELLO ROKH/DAHON MuP8。インナーロー教団主祭神 兼 生贄のピザ豚

:morrissey48
:stillill48
売りスレからAVAに最近リハウスしてきた。趣味はドッグタグ収集と戦車の真後ろで野グソ。退役JSです。職業は売春婦です。のんれす

:Vrinks526



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:





記事検索

生理学的味覚である甘味、酸味、塩味、苦味、うま味に続き、新たに発見された第6の感覚。解明が進んでいないが、クランメンバーは唯一その絶対量を正確に判断する舌を持っている。唐揚げやラーメン、タルタルソース、フリトレーの菓子、粉チーズなどに多く含まれているが、塩分過多を示す感覚ではなく、ひらがな表記となる。また、「しおいんですけど」は否定的な意味ではなく、「シェフを呼べ」を上回る現代ブサイク食界で最上級に値する賛辞を意味する。唯一拒否反応を示すのは脂肪肝ぎみの肝臓だが、内蔵の悲鳴を黙殺して箸を進めざるおえない“背徳的かつ圧倒的な味覚の快楽”が、現状最も適した説明である。「しおいんですけど」に続く言葉の意味は、その味覚に目覚めた者しか知る事はできない。たまにネトゲ「AVA」をプレイしています。

【免責事項】
クランメンバーは本Webサイト上のコンテンツの内容について保証するものではなく、一切の責任を負い兼ねます。本Webサイトは情報提供を目的として運営しており、その他の目的を意図するものではありません。また、理由の如何に関わらず、情報の変更及び本Webサイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。本規定は利用者の事前承諾を得ることなく変更できるものとします。
動画のBGMにはフリーBGM DOVA-SYNDROME様のライブラリを使用しています
newone3