Hangame SPECIALFORCE

画像1 画像2 画像3 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11

しおいんですけど

ネトゲやPS4、PS Vita、自転車などを楽しむクランメンバーによる合同ブログ。AVA、BF4など、広く浅く楽しみます。さらに、6番目の味覚“しおい”を探求するグルメサイトと、ニーソや絶対領域を探求する求道者の隔離病棟も兼ねています。自分でも何を言っているのかわかりません。基本読まないでください。

2012年12月

常温でも美味しくスポーツドリンクを飲むために


DSC07267

 自転車がピナレロなので、サイクルボトルもピナレロのトレードマーク、アシンメトリー坊やを愛用しております。自転車興味ない人には「なんだこのキテレツな髪型のニッコリマークは」と思われそうですが、私も実のところ、アシンメトリー技術が何かは理解していますが、こやつが何者かは知りません。頭頂部の毛が薄くて、側頭部の毛を伸ばして横に流して、一生懸命ハゲ隠しをしている頭部が血まみれの中年男性に見えないこともありません。

DSC07272

 片手でキャップを上げて飲み、下げて密封という一連動作ができるのがサイクルボトルのイイところ。ペットボトルだと、キャップを外す動作が疲れてくると面倒になります。

DSC07270

DSC07271

 以前はペットボトル用のボトルゲージをつけたり、自販機で買ったスポーツドリンクの中身だけをサイクルボトルに入れ替えたりしていたのですが、最近このスポーツドリンクに不満が。銘柄問わず、どのドリンクもたいていそうなのですが、キンキンに冷えていると甘みを感じにくく、美味しく飲めるのですが、常温になってくると本来の過度な甘さが露呈して、一気にマズくなります。

 冬場はまだいいんですが、夏のロングライドでは「こんなベタベタした飲み物、もう飲みたくない」と感じ、自販機で購入直後、冷たい状態で無理に飲み切ったりしておりました。 

DSC07996

 というわけで、最近では粉のスポーツドリンクの調合に開眼。こんな作業、中学のテニス部でやっていた以来w 粉を溶くタイプですと、好みの薄さに作れるので、常温になった後でもスッキリ飲めるよう、わりと薄めに作ります。初めは薄すぎて水みたいだったりしましたが、最近では「このバランスで売りに出した方がいいんじゃね?」と思えるほど絶妙な配合になる時も。完全に自己満足の世界です。

DSC07998

 溶く水は水道水でもいいんでしょうが、震災後に買い置きしていて、賞味期限が切れそうなミネラルウォーターが残っていたりすると、それをリッチに有効活用。まあ、リッチと言っても、スポーツドリンクの粉自体は、自販機でペットボトルを買うより遙かに低価格で、さらにそれを水で規定より薄めて作っているので、"ロングライドで使う飲料代”として考えると、ペットボトルを買うより遙かに安上がりです。自販機の飲み物って、ほとんど運送費とか人件費なんだなぁと。

 にしても、河川敷でオニギリ食ったり、某羊羹かじったり、薄めたミネラルウォーター飲んだりするだけで嬉々として走行を続けられるロードバイクって、ランニングコスト低い趣味だと思います。

DSC07999

 後はAVANTIのスタンばりのテクニックでステア。

DSC07283

 ポカリスエットってのも芸がないので、この粉末が無くなったら、他のドリンクにもチャレンジ予定。なんか美味しいのあったら教えてください。

ソウルサクリファイスで救済したり生贄になったりしてみる


2012-12-21-021226

 我が家のPS Vita、ほとんど「nasne」ビューワー端末と化してますが、ゲームもちゃんとやってます。証拠にPS Vitaの超話題作、ソウルサクリファイスの体験版もしっかり挑戦中。なかなか骨太で、期待に違わぬ作品になっているようです。ちなみにVitaユーザーはマジでnasne買った方がイイっす。ションベンちびるほど便利です。もう一台買うか(ゴクリ)。

2012-12-21-021342

 話戻してソルサク。世界観や設定はかなりハードでダークなファンタジー。敵の化物も気持ち悪いのが多く、デモンズソウルとかゴッド・オブ・ウォーとか、あんな雰囲気です。生贄を使い、魔法を行使する1人の魔法使いの物語を、怪しげな日記帳に誘われて追体験するというなかなか凝った展開。世界観がシッカリしているので、グイグイ物語に引きこまれます。

2012-12-21-021605

 おちゃめなところもある、とある目玉付きの喋る日記帳 魔術書のリブロム。救いの少ない物語の中で、ある種のムードメーカー的な役割を果たしています。

2012-12-21-022200

2012-12-21-222637

 基本的なシステムはMOタイプの狩りゲ。VItaで近いものを探すと「ラグナロクオデッセイ」とかPSO2とかでしょうか。とりあえず体験版をやった限りでは、ステージが狭めで、ザコ敵やボス敵にすぐ遭遇。ダンジョンを進むというより、サクサク狩りができるテンポの良いゲームになっています。

2012-12-21-223120

2012-12-21-223233

 ネトゲでもあるので容姿や性別のカスタマイズが可能。途中で何度も変更できるという太っ腹な仕様。ただ、物語的に男キャラでプレイした方が序盤はシックリくる感じです。

2012-12-21-223446

 リブロムがメインヒロインという噂もww

2012-12-24-173535

 サクサクプレイできると言っても、難易度は結構高め。狩りゲ全般に言える事ですが、単に敵の前で剣を振り回していれた勝てるというタイプではまったく無く、敵の挙動を見ながら避けたり、弱点をついた魔法を放ったりと、頭を使いつつ、ある程度作戦を立てて対決する感じ。

 また、魔法を行使するためには触媒というか、ある種の犠牲や代償が必要というのがシステムの根幹。最初から用意してきたアイテムと、フィールドで得られるアイテムを使って魔法を放つわけですが、それらが尽きたら魔法使いとして無力になってしまいます。つまり、やみくもに攻撃ができるわけではなく、残りの攻撃可能回数も考えてプレイしなければなりません。これがわりと難易度が高く、おそらく何も考えないゴリ押しプレイだと、序盤であっという間に死ぬと思います。

2012-12-24-175127

 ツンデレなニミュエ可愛いよニミュエ。クソ言いにくい名前だが。

2012-12-24-175230

 人間が魔法にのみ込まれてモンスター化したボス敵が多いためか、醜い欲望が反映されたような醜悪な姿をしており、デザイン的インパクトが大。昔スレイヤーズ(本編の方)で、魔力に引きこまれすぎて煮込んだジャバ・ザ・ハットみたいになった元人間風肉の塊が出てくる話がありましたが、なんかそんなのを思い出しつつ戦う事になります。

2012-12-24-175240

2012-12-24-181943

 ある程度ストーリーを進めると、マルチプレイにも挑戦可能に。ユーザーが部屋を作って、4人まで参加できる、まあよくあるタイプです。

2012-12-24-182128

 面白いのが、生贄という概念がマルチプレイでも貫かれている事。例えば仲間が倒れたら、自分のHPを分け与えて蘇生できますが、仲間の肉体を生贄として使ってしまい、超強力な魔法を発動させたりも可能。下手っぴで死んでしまっても、「俺の事はいい! どうかこの命を使って敵を倒してくれ!!」的な見せ場に貢献できるというのがユニークなところです。

 結論として、「ラグオデ」の爽快感を少し持ちつつ、「モンハン」的なシビアさ&素材や下準備の重要さもありつつ……同時にメインストーリーもシッカリ作ってある”進化型狩りゲ”。という印象。グロいグラフィックと難易度でとっつきにくい感じはしますが、結構面白いと思います。今の段階ではネットワーク接続がやや不安定なのが気になりますが、難易度のバランス調整も含め、製品版で完成度が上がれば骨太な新作として大いに売れそうです。



ロードバイクと撮影ポタリングとミネラル補給の話


DSC08082

 所要で羽田空港まで行く必要があったので、チャリで行ってきました。チャリに興味が無かった1年前の自分がこの文章を読んだら意味不明だと思いますが、今は極めて自然な行為。行きすぎてベイブリッジまで行ってしまいましたが何らおかしくはありません。

 ミニベロでの50km、60kmでヒーヒー言っていましたが、ロードに少し慣れてきたため、70km程度は普通にこなせるようになってきました。「ロード買えば倍の100kmなんて鼻歌交じりに行けるんじゃね?」と、淡い期待をしていた一面もありますが、駆動しているエンジンがヘボいのでそう簡単にはいきません。練習あるのみです。

DSC08024

 距離はともかく、乗りなれてきて気持ちに余裕が出てきたので、ミニベロでやっていた"ちょこちょこ停まって撮影する”というのが、普通にできるようになってきました。ロードだと、凄いスピード出して走り去らねばいけないみたいな思い込みイメージがありますが、別に追われているわけでもないので、「ゆっくり寄り道撮影してもいいんだ」と気付くまでに時間がかかりました。上の写真は多摩川からのN700系。

DSC08057

 ロングライド中は、ハンガーノック防止で、定期的に棒羊羹とか、カロリーメイトとかかじってますが、飯時になるとちゃんとしたものが食べたくなります。特に塩分消費が激しいので、塩辛いものを体が欲するようです。冬は寒いので温かいものだとモアベター。煮干しの匂いがすると、ついついブレーキ引いてしまいます。

DSC08058

DSC08060

 羽田を過ぎて、帰りもせずそのまま気付いたら川崎に。川崎と言えば「三三七」。某企業があったりするので、意外に仕事で来たりもするんですが、自分のチャリでこんなトコロに乗り付けると妙な感じ。写真はとろりそば。確かにとろりとしています。

 ここはつけめんのスープも、ラーメンのスープも、平常時は"ちょっと濃すぎ”、”煮詰めすぎ”な印象で、テンション上がっている時でないと辛いと感じていたのですが、ロングライドの合間に食べると、ミネラルを欲する五臓六腑に過度な栄養素が強制的に染み渡る感じがして食いながらタラちゃん語しか出てこないほど美味。1,800キロカロリーくらい消費してるので気がねなく食べられる心理的要素も寄与していると思われます。

DSC08063


DSC08080

 突然昭和にタイムスリップ。

DSC08067

 鉄道マニアや廃虚ヲタにはお馴染み、「国道駅」。改札をくぐると昭和のガード下の飲み屋街の抜け殻が広がり、懐かしむも寂しいような、どこか後ろめたいような、独特の雰囲気に包まれています。

 ガードの外壁には、米軍艦載機の機銃掃射による銃痕が残っていたりとか、最近いろいろ出てきている懐かしさをウリにした”昭和テーマパーク”では出せない、”重さ”みたいなものが伝わってくるのが不思議。ファインダーを覗く前に、指が勝手に露出をアンダーにしている駅というのは、極めて貴重です。

DSC08075

DSC08091

 川崎を出て海岸線に添って進むと、横浜の海が見えてきました。

 赤レンガをバックに撮影したいところですが、日も暮れてきたのでまた今度。鶴見の工場地帯の撮影も、挑戦してみたいものです。

DSC08102

【血の味ランキング】

29
大弛峠※激坂十傑集
28.5 乗鞍ループ※激坂十傑集
28 風張林道※四天坂
27 箱根ループ※激坂十傑集
24 渋峠・毛無峠※激坂十傑集
22 埼玉のラルプ・デュエズ
21 乗鞍※激坂十傑集
20.5 子ノ権現※四天坂
20 有間峠/白石峠
19 苦労坂(東都飯能CCの激坂)
19 成木峠
18.9 鋸山林道
18.3 和田峠※四天坂
18 渋峠※激坂十傑集
18
榛名山
12 鶴峠(全区間)
11.8 都民の森※四天坂
11 風張峠(奥多摩周遊道路)
10 ヤビツ峠
9.6 仁田山峠
9.5 牧馬峠
9.2 梅ノ木峠
8 入山峠/碓氷峠/不動峠
8 山伏峠
8 雨降林道
7.5 名栗湖坂/龍崖山脇
7 鶴峠(甲武トンネルまで)
7 穴川林道
6.2 裏尾根幹
6 梅ヶ谷峠
4 大垂水峠
4 物見山
2.7 いろは坂/亜美ちゃん坂
1 東村山のラルプ・デュエズ
敗退 鳥居観音
敗退 奥武蔵グリーンライン

【短距離激坂集】
程久保の激坂/ガスト坂/百草園/別所坂

カテゴリ別記事リンク
BF3関係の話題

自転車乗り向け漫画紹介

ロードバイク撮影の話題

カメラ関係の話題

ロードで長野県まで行けるか!? なつまちライド

ランドヌールへの道

多摩湖CRを超え、秩父めんま化ライド

チャリで木崎湖への道 ~AACR 120kmに挑戦


しおいグルメ

ハードウェアの話題

アヴァ子ちゃんの躁鬱

カテゴリ別アーカイブ




クランメンバー(現在3人)
:HELL_HOUND_No9
:hell.hound9
:HELL_HOUND_No9
:HELL_HOUND_No9
自転車/アニメ/カメラ/ゲーム/オーディオ好き。名刺の肩書きは編集・記者で時折カメラマン。愛機D3/α7/RX100M3他。 愛車PINARELLO ROKH/DAHON MuP8。インナーロー教団主祭神 兼 生贄のピザ豚

:morrissey48
:stillill48
売りスレからAVAに最近リハウスしてきた。趣味はドッグタグ収集と戦車の真後ろで野グソ。退役JSです。職業は売春婦です。のんれす

:Vrinks526



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:





記事検索

生理学的味覚である甘味、酸味、塩味、苦味、うま味に続き、新たに発見された第6の感覚。解明が進んでいないが、クランメンバーは唯一その絶対量を正確に判断する舌を持っている。唐揚げやラーメン、タルタルソース、フリトレーの菓子、粉チーズなどに多く含まれているが、塩分過多を示す感覚ではなく、ひらがな表記となる。また、「しおいんですけど」は否定的な意味ではなく、「シェフを呼べ」を上回る現代ブサイク食界で最上級に値する賛辞を意味する。唯一拒否反応を示すのは脂肪肝ぎみの肝臓だが、内蔵の悲鳴を黙殺して箸を進めざるおえない“背徳的かつ圧倒的な味覚の快楽”が、現状最も適した説明である。「しおいんですけど」に続く言葉の意味は、その味覚に目覚めた者しか知る事はできない。たまにネトゲ「AVA」をプレイしています。

【免責事項】
クランメンバーは本Webサイト上のコンテンツの内容について保証するものではなく、一切の責任を負い兼ねます。本Webサイトは情報提供を目的として運営しており、その他の目的を意図するものではありません。また、理由の如何に関わらず、情報の変更及び本Webサイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。本規定は利用者の事前承諾を得ることなく変更できるものとします。
動画のBGMにはフリーBGM DOVA-SYNDROME様のライブラリを使用しています
newone3